ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 「第30回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」の応募がはじまっている。例年、ブラジル日本文化福祉協会が取り纏めて団体応募していたが、今年からは各自での応募となる。応募はハガキ、FAX(A4サイズ)、インターネットのいずれかの方法で行い、最大6句まで応募可。締切りは来年2月28日まで。応募部門は小学生(幼児含む)、中学生、高校生、一般の部A(40歳未満)、一般の部B(40歳以上)、英語俳句。申込みは応募部門と作品、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、句会、学校名、サークル名を明記。ハガキの場合は、応募部門と作品のみを裏面に、その他を表面に記入。作品の漢字にはふりながを付けること。宛先は、〒102-8553 東京都千代田区紀尾井町3-12 「おーいお茶新俳句大賞」係まで。FAXは03・3236・5668、インターネットは、https://itoen-shinhaiku.jp/requirements/まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2018年11月8日 大耳小耳  ファッション・デザイナー森永邦彦氏による新展示「A Light un Light」が6日から、ジャパン・ハウス(Av. Paulista, […]
  • 大耳小耳2018年10月17日 大耳小耳  頭の中が日本式の〃常識〃でいっぱいの駐在員が、ブラジルの考え方や習慣に慣れることは、ビジネス成功には欠かせない。日本にも「郷に入っては郷に従え」という諺があるが、先進国たる日本の〃常識〃が優先されるのは、よくあること。お客様がブラジル人である以上に、社内の日系人やブラジル人社 […]
  • 大耳小耳2018年9月28日 大耳小耳  法務省が19日付で公表した在留外国人数は、今年6月末時点で過去最大の263万7251人になったことが分かった。国籍別では、中国、韓国・朝鮮、ベトナム、フィリピンに次いで、ブラジルは19万6781人の5位。昨年末の19万3798人からさらに増加に転じている。外国人全体の在留資格 […]
  • 大耳小耳2018年9月15日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長)の会報『ブラジル特報』1626号が9月に刊行された。いつもながら読みどころ満載なのに驚く。なぜブラジルがサッカーW杯で最近勝てなくなったのかを人種論から論じた《ブラジルが「普通に」勝てる時代は終った》とのコラムが俊逸。かつてペレの時代のW杯 […]
  • 大耳小耳2018年12月8日 大耳小耳  サンベルナド・ド・カンポ市のコレジオ・アルモニアの機関紙45号が12月に発行された。それによれば、6月29日から21日間、日本の教育システムを体験する目的で、中等部の生徒11人が日伯文化交流旅行に行った。帝塚山学園(奈良県)、廣池(れいたく)学園(千葉県)、立命館慶祥学校(北 […]