ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年11月26日

 メンサロン事件被告の刑が一部執行され、ジョゼ・ジルセウ元官房長官や労働者党(PT)元党首のジョゼ・ジェノイノ休職下議らが、自分達は「政治犯(プレーゾ・ポリチコ)だ」と発言した▼一方、リオ州フルミネンセ連邦大学の現代史の教授でPTフルミネンセ地区元代表のダニエル・アアロン・レイス氏は、「政治犯」という言葉はある政権や独裁者に対して政治的抵抗を行った人物に対して使われるべきで、PT政権の中枢で権力を振るっていた政治家らは「投獄された政治家(ポリチコ・プレーゾ)に過ぎない」と発言した▼同教授はメンサロン事件が起きる前にPTを離党した事もあり、心臓疾患を抱えるジェノイノ氏が移送中や刑務所で体調を崩したのを見て「最高裁長官はジェノイノ氏の命を危険にさらした」との批判の声などを上げるPT内からは、反逆分子の戯言という反発も招きそうだ▼だが、あるPT連邦議員が刑執行に関し「裁判所はなすべき事をしただけ」と言ったと聞き、救われた気がしたのも事実。健康上の理由で配慮が必要である事と、身びいきとも言える発言や行動とは切り離されるべきで、不正が行われたのなら裁かれ、罪を償う事も当然だからだ▼政治の世界の裏幕的なやり方が明るみに出た時に、民衆の不満や反発を招くか否かは社会の健全さのバロメーターの一つだ。25日付伯字紙には、サービス税を巡る汚職に関与した聖市元職員が「売春婦等で金を使い果たしたから返却は困難」と言ったとあり、呆れ果てた。政治家も罰せられるようになった事は大きな進歩だが、自分達の不正が市民全員に与える損失にも気づかぬ公務員の姿は、とても哀れだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨2017年5月23日 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨  5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっ […]
  • 《ブラジル》あの三宅ローザの生涯が凝縮された一冊2018年11月20日 《ブラジル》あの三宅ローザの生涯が凝縮された一冊  「Isto é uma […]
  • ロシア革命100周年と極右台頭2017年11月10日 ロシア革命100周年と極右台頭  ブラジルを代表する聖州の2大新聞、フォーリャ紙とエスタード紙は5日の紙面で、4ページからなる特別冊子編成扱いで共に「ロシア革命から100周年」の大特集を組んだ▼今回のこの100周年に関してはどこの世界もそれなりに記事としては展開しているが、一見ロシアとそれほど関係ない […]
  • 喉元過ぎれば熱さを忘れると言うけれど2017年5月18日 喉元過ぎれば熱さを忘れると言うけれど  4月末、肘の痛みで医者に行き、重い物を持って炎症を起こしたのだと言われ、注射と投薬を受けた。だが、痛みが消えたと油断して買い物袋を持ったら、痛みが戻って元の木阿弥。「喉元過ぎて熱さを忘れた」故の失敗だ▼だが、伯国を見ると、人は簡単に「熱さを忘れる」ものだと思わされる。1992 […]