ホーム | 日系社会ニュース | 成長する聖南日本祭り=昨年超える2万3千人来場

成長する聖南日本祭り=昨年超える2万3千人来場

ニッケイ新聞 2013年11月28日

 汎サントアマーロ連合文化協会(北林恒男会長)は5、6の両日、エレトロパウロクラブで「協和」をテーマに「第4回ジャパンスル(聖南日本祭り)」を開催した。聖市南部では最大の日本文化イベントの一つで、昨年の2万人弱を超える約2万3千人が来場し、日本文化を堪能した。
 昨年、西本エリオ州議により州のカレンダー入りも果たした。今年は更に規模を拡大するため、阿波踊りや太鼓、民謡、劇、舞踊、平田ジョーさんによるショーなど昨年よりプログラムを充実。授業で日本語を教える州立ドトール・ラエルテ・ラーモス・デ・カルヴァーリョ学校の生徒の参加もあり、舞台は多くの若者でにぎわった。
 また、広い食のスペースのほか、お茶、押し花、書道、切り紙など日本文化コーーナーも設けられ、地域住民に喜ばれた。北林会長は「来場者の反応はとてもよかった。天候にも恵まれたし、期待以上に良い祭りになった」と振り返った。
 今年から、入場料の代わりに1キロの保存食が集められた。4トンにものぼる食料は、マルタ・クボヤマ小児ガン支援センター、ノッサ・セニョーラ・ド・カミーニョ健康施設など6つの福祉団体に寄付された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中2019年1月31日 徳島県人会の新会長は原田氏=賃貸問題は弁護士が交渉中  ブラジル徳島県人会(大原勝美会長)は26日午前、聖市ツクルビー区の同会館で19年定期総会を開催し、原田昇氏が会長に返り咲いた。  賃貸契約の更新を巡り、赤字運営に悩む県人会が昨年末に4割値上げを求めたため、カラオケ・ダンスで利用する日系文化協会との間でいさかいが生じ […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]