ホーム | 連載 | 2013年 | 「LINE」が伯国進出=担当窪島氏に手応え聞く | 「LINE」がブラジル進出=担当窪島氏に手応え聞く=(上)=無料通話・チャット機能=3カ月で登録1千万人に匹敵

「LINE」がブラジル進出=担当窪島氏に手応え聞く=(上)=無料通話・チャット機能=3カ月で登録1千万人に匹敵

ニッケイ新聞 2013年11月29日

「LINE」のオリジナルキャラクターを手にする窪島さん

「LINE」のオリジナルキャラクターを手にする窪島さん

 スマートフォン(多機能携帯電話)向けに作られた日本製のコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」は、インターネット上での配布が始まって2年足らずの間に世界230カ国、2億8千万人(10月末時点)に広まった。当地でも今年7月からテレビCMでの宣伝を始めるなど、本格的な事業展開を図っている。今年8月に開設されたサンパウロ事務所の責任者で、運営会社であるLINE株式会社の窪島剣璽・事業戦略室グローバル担当に、その魅力と進出意図を聞いた。

 互いの携帯電話に「LINE」のソフトが登録されていれば、無料で音声通話や「スタンプ」と呼ばれる独自のキャラクターの絵や記号を交えたチャット(雑談形式での文字のやりとり)をすることが出来る。グループを作っての複数人での同時やりとりも可能だ。この特徴が10〜20代の若者層を中心に受けいれられ、2011年6月のサービス開始からすでに10以上の言語バージョンが公開されるなど、短期間で爆発的に利用者数を伸ばした。
 サンパウロ市内パウリスタ大通りにあるビジネスビルの一角に居を構える事務所は、今年8月から活動を本格化させた。5月の初来伯以来、当地でのビジネス環境の整備に腐心してきた窪島さんは「近年のスマートフォン市場の伸展や人口などを鑑みれば、ブラジルのポテンシャルは高い。台湾、タイ、スペインなど短期間で登録者が1千万を超えた国と同等」と期待を込める。
 実際に登録者の数は順調に伸びているようだ。ポ語版は今年3月に公開。7、10月と段階的に導入されたCMの効果も相まって、その伸び幅は公開3カ月から登録者数1千万人を超えたインドなどに匹敵するほどだという。
 同社の核となっているLINE事業は、前四半期から約60%増の99億円の売上高(7〜9月期)を計上している。登録から通話、チャットなどのやりとりまで通信費以外のお金が全くかからない中、収益構造はどうなっているのか。(つづく、酒井大二郎記者)


この連載はこちらでご覧になれます

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]
  • 憩の園=ユーチューブで感謝ライブ開催=デリバリーで日本食販売も2020年8月7日 憩の園=ユーチューブで感謝ライブ開催=デリバリーで日本食販売も  救済会(吉岡黎明会長)が運営する日系高齢者福祉団体「憩の園」は、16日にオンラインで「憩の園感謝ライブ」、15日と16日に「憩の園日本食デリバリー」を行う。吉岡会長は「憩の園はこのコロナ禍でも、多くの方に寄付や支援をいただいたおかげで、本当に助かっています。今回のイベ […]