ホーム | 連載 | 2013年 | 「LINE」が伯国進出=担当窪島氏に手応え聞く | 「LINE」がブラジル進出=担当窪島氏に手応え聞く=(下)=大きく伸張する売上高=当地独自の「スタンプ」が鍵

「LINE」がブラジル進出=担当窪島氏に手応え聞く=(下)=大きく伸張する売上高=当地独自の「スタンプ」が鍵

ニッケイ新聞 2013年11月30日

ブラジル独自のスタンプのキャラクターの一例

ブラジル独自のスタンプのキャラクターの一例

 「LINEの目指すところは〃エンターテイメント・プラットフォーム〃。通話やチャットなどの機能が核であるのは間違いないが、それはあくまで起点」と話す窪島さんの言葉通り、99億円(7〜9月期)の売上高の中で、大きな収益源となっているのはそこから派生する関連アプリだ。
 占い、写真加工機能付きカメラ、天気予報、マンガなど多岐に渡るコンテンツの中、最も大きな収入源となっているのがパズル、間違い探しといったゲーム。これらの多くは無料で始められ、LINE上で繋がっている友人との対戦プレイも楽しめる。
 ゲームを効率よく進めるための架空の道具(アイテム)や、連続でプレイする回数を増やす権利を入手すことなどに対して課金が行われ、これが全体の売上の6割に達する。
 また、LINEを語る上で外すことが出来ないのが、窪島さんが「文字だけでは表し辛い感情をより手軽に、分かりやすく表現できる」と胸を張る前述の「スタンプ」だ。
 基本となるオリジナルキャラクターは存在するが、各国の文化や風習によって微妙にデザインが変えられ、その国のバージョンでしか手に入らないスタンプも存在する。
 無料で使用できるスタンプも一定数あるが、アニメキャラクターを使用したものなどの多くは有料配信されており、これも大きな収入源(全体売上の約20%)となっている。
 企業に募る広告にも大きな特徴がある。パートナー契約を結んだ企業は自社の公式アカウントを持って、情報を発信できる。ユーザー側に〃友達〃として登録されれば、個人間同士の着受信と同様に通知されるため、従来のネット広告より大きな宣伝効果を挙げることができるという。
 企業のアカウントは個人ページから見つけることが出来るようになっており、〃友達登録〃するか否かはユーザー側が判断する。企業側には、登録の見返りとして独自のスタンプをプレゼントするなどの工夫が見られる。
 今年9月には、世界的なサッカークラブであるスペインのレアル・マドリード、ネイマールの所属するFCバルセロナも公式アカウントを取得するなど、その裾野は広がっている。営業活動を進める窪島さんは「企業からの感触は良好。また、国民性を鑑みればサッカークラブとの契約も視野に入る」と前向きな様子を見せた。
 登録の方法などの詳細は、公式サイトで(http://line.naver.jp/pt-BR/)確認出来る。(終り、酒井大二郎記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 主力6人に黄信号?=ブラジル・セレソンの現状2014年4月24日 主力6人に黄信号?=ブラジル・セレソンの現状 ニッケイ新聞 2014年4月24日  地元開催となる6月からのサッカー・ワールドカップで優勝を狙いたいブラジルの代表チーム(セレソン)だが、23日付フォーリャ紙が「レギュラーたちが試練のときを迎えている」との見出しで記事を組んだ。それによると、レギュラーと目されている11人のう […]
  • サッカー全国選手権が19日開幕=今年のブラジルを制すのは?2014年4月18日 サッカー全国選手権が19日開幕=今年のブラジルを制すのは? ニッケイ新聞 2014年4月18日  ブラジルの国内での最大の大会、「ブラジレイロン」こと全国選手権が今週末の19日から開幕する。 サンパウロ州選手権をはじめとする、全国27州での州選手権が13日に終わったばかりだが、休む間もなく、今度は全国選手権がはじまる。 この全国選手権は […]
  • 東西南北2014年4月11日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月11日 リオのフルミネンセ海岸部のドゥッキ・デ・カシアスで、生まれて以来19年間監禁され続けてきた女性が10日に入院先の病院で死去した。この女性は精神に異常が見受けられ、体重はわずか25キロしかなかったという。この後、リオ市警の女性問題対策課は、母親 […]
  • 東西南北2014年4月3日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月3日  3月27日にサンパウロ市中央部セーで頭の部分が発見されたバラバラ死体に関して、3月から行方不明になっていたある男性の親族が「同一人物ではないか」と名乗り出ていたことが明らかになった。この親族は切り取られた頭部の写真を見て「ほぼ間違いない」とい […]
  • 東西南北2014年3月26日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月26日  24日午後4時頃、サンパウロ市南部ヴィラ・マリアーナのラセルダ・フランコ大通りで、商人たち20人ほどがマニフェスタソンを行い、タイヤや木材を焼くなどの行為を行った。軍警がかけつけたが、怪我人はなく、逮捕者も出なかった。これは同大通りで営業 […]