ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年12月10日

 「南アフリカの父」ことネルソン・マンデラ氏の公式追悼式は本10日に行われ、ブラジルからもジウマ大統領やルーラ、カルドーゾといった大統領経験者らが参列。世界90カ国以上の首脳級人物が、マンデラ氏が公に姿を見せた最後の場、ヨハネスブルクのサッカー場に集まる▼同氏の死後初の日曜日となった8日には、同国全土の教会やモスク(イスラム教の礼拝所)でマンデラ氏追悼礼拝が行われ、「マンデラ氏は闇に輝く光だった」と語った牧師も居たという。27年半投獄された経験を持つ同氏は、「憎しみを学ぶ事が出来るなら、愛する事も教えられるはずだ」「あまりにも長く続いた人間の苦しみの経験からは、すべての人が誇りを持てる社会が生まれなければならない」といった言葉も残しており、国民は至る所で同氏の功績や人となりを偲んで歌や祈りを捧げた▼マンデラ氏同様の非暴力運動の指導者としてはマハトマ・ガンジー氏やマーティン・ルーサー・キング・ジュニア氏らの名前も挙げられるが、この2人は戦いの代償として命を失い、マンデラ氏は27年半の自由を失った。各指導者が目指したものは今もまだ完全には達成出来ていないが、マンデラ氏死去の報せに「巨星墜つ」と思った人は相当数居たはずだ▼刑務所収監中に結核などの呼吸器疾患を患い、石灰石採掘場での重労働で目を傷めたが、釈放後に行われた同国初の全人種参加選挙で所属政党が勝利し、大統領に就任、全民族融和の象徴とされ、「国父」と呼ばれてきた。10日の公式追悼式には世界中の民族が集まるが、これもまた、同氏が蒔いた平和への種が実を結んだ姿だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 注・小党については党名、議員数を省略しています2014年7月16日 いよいよ大統領選が本格化=天下分け目の10月決戦へ=舞台裏や裏取引きあれこれ=駒形 秀雄  サッカー世界大会は強豪ドイツの勝利となり、ブラジルの「地元で優勝」の夢は〃コッパ微塵〃に砕かれて、終わりとなりました。一方、この1カ月間、地元の大統領選挙のほうはその布陣展開に大きな進展が見られ、有力候補陣の顔ぶれ、政党間の合従連衡などが確定しました。これで10月に行われ […]
  • 東西南北2014年4月23日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月23日  ブラジルでも〃ガボ〃の愛称で親しまれた文豪ガブリエル・ガルシア・マルケス氏の死に対し、ブラジルの有名人も次々と追悼の辞を捧げている。ジウマ大統領は「彼は子供に新しい世界を紹介するように読者を架空都市マコンドへと誘った」とし、ルーラ前大統領は […]
  • 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に2014年1月1日 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  2013年6月、サッカーのコンフェデレーションズ杯の直前から開催期間中にかけて、全国規模での「マニフェスタソン(抗議の波)」が起こった。同じ頃、エジプトやトルコでもデモが起こったが、ブラジルの場合、かねてからの政情不安があったエジプ […]
  • 東西南北2013年12月7日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年12月7日  南アフリカの人種隔離政策「アパルトヘイト」の撤廃に貢献した同国のネルソン・マンデラ元大統領死去の報せは5日、全世界をかけめぐり、ブラジルでも6日付エスタード紙が6頁、フォーリャ紙が4頁の追悼特集記事を組んだ。ジウマ大統領は弔辞で「20世紀最 […]