ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2013年12月11日

 ブラジル政府やマット・グロッソ大学と連携して東海大学が開講していた「在日ブラジル人学校教員養成のための通信教育」の卒業式が、先週末に同校湘南キャンパスで行われた。
 日本のブラジル学校は託児所のようなかたちではじまり、徐々に生徒数が増え、〃学校〃になってしまったところが多い。教員免許をもたない人たちが教壇にたっていたため、その教育の質が在日ブラジル人の間では課題となっており、それらを受け両国の大学や政府機関が協力し実現したプロジェクトだった。
 通信教育でブラジルの初等教育免許を取得できる講座だったが、「日本学」などの日本で暮らす子どものことを考慮した授業も含まれていた。
 両国の間で揺れ動くデカセギ子弟の教育には課題が山積みだが、少なくとも正規の免状を持った約250人の卒業生が巣立った。彼らの活躍に心から期待したい。(宮)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オーリャ!2015年12月24日 オーリャ!  無料動画配信インターネットサイト「ユーチューブ」で番組を制作、再生数に応じた広告収入を得る職業「ユーチューバー」をご存知だろうか。世界各地で同職に就く人が急増中で、中には数億円単位で稼ぐ人もいるから驚き。 ブラジル人に今人気のチャンネルはデカセギとして渡日した日系の男女2人が […]
  • コラム オーリャ!2010年1月6日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2010年1月6日付け  06年の地デジ放送日伯方式採用に象徴される経済交流、08年の移民百周年と昨年のアマゾン移民80周年など、この数年間の様々な出来事とともに日伯関係は大きな変化の渦中にある。 […]
  • 特別座談会=四世ビザはどうあるべきか?=日伯交流の将来担う人材育成の枠組みとして=(10)2018年8月31日 特別座談会=四世ビザはどうあるべきか?=日伯交流の将来担う人材育成の枠組みとして=(10) ▼ブラジル人が外国に住んだときの特徴 【永井】ただし、あんまり外国の人をいっぱい入れたくないという考えの人たちも、日本の日本人にはかなりいる。ブラジルの人がすごく増えて2006年くらいに犯罪がすごく多くなった悪い思い出が、まだ残っているような人もいます。  あとは逆に、来て […]
  • 《ブラジル》ナマの日本を伝える人気ユーチューバーという存在2018年6月5日 《ブラジル》ナマの日本を伝える人気ユーチューバーという存在  在日日系人を代表するユーチューバーの一人、デボラ・ハッヅさん(Deborah […]
  • 移り来て 60年=ブラジルに来て良かったか=サンパウロ市在住 駒形秀雄2017年9月15日 移り来て 60年=ブラジルに来て良かったか=サンパウロ市在住 駒形秀雄  晴れか曇りかはっきりしない季節も過ぎ、街路の木々も色鮮やかな花をつける時候になりました。  自然はこのように神の恵みを示してくれますが、こと人間のやっている仕業に目を向けてみると、こちらはどうもいけません。世間の話を聞くと「ものは売れない。失業者はちっとも減らない。 […]