ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年12月19日

 猫の額ほどの我が家の庭で、今年もゴーヤがなり始めた。東日本大震災後の節電対策用にゴーヤを栽培した人がいたが、我が家もあの年以来、種蒔きと収穫を繰り返している▼葉切りアリのせいで夜中に葉が落ちたのを誰かのいたずらと思い込んだり、熟れて落ちた実から芽が出て慌てたりなど一喜一憂。今年はシュシュも植えたので様子が違うが、葉切りアリは相変わらず、成長点がある軟らかい枝先の葉や茎を切り刻んでいる▼アリに痛めつけられても成長するゴーヤの逞しさに脱帽しつつ、その成長に合わせた棚作りに追われる週末は、「人の才能の芽を摘む」事の怖さも考えさせられる。霜柱が立つ所では麦踏みで麦を根付かせ、獅子は我が子を千尋の谷に突き落とす▼傍から見れば驚く様な事にもやっている側には理由がある事も多いが、叱られたり自分の意見や仕事を否定されたりすれば、痛みを感じ、腹を立てたくなるのは人の常だ。人を育てるつもりの助言や指導が相手の才能や興味を潰す事もある▼植物の成長には日照時間や水、土の状態等の影響も大で、いくら焦っても時が来なければ芽を出す事も実を結ぶ事もない。葉や茎を切り刻まれても育ち、実を結ぶ逞しさは皆が持てればとも考える▼苦味のあるゴーヤは苦手な人も多いが、「酸っぱい物と組み合わせてみたら」との娘の声に、薄切りにして塩で軽く揉み、梅干の果肉と鰹節、醤油で調味してみたところ、持ち寄り昼食会でも「いい組み合わせ」「苦くない」と好評だった▼持ち味を活かすとか適材適所というのは口で言うほど簡単ではないが、一寸した工夫で互いが活かせれば喜びも倍増する筈だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 眞子さまご訪問は何をもたらすか2018年8月18日 眞子さまご訪問は何をもたらすか  宮内庁は8日、「ブラジルご訪問を終えてのご印象」として、眞子さまのお言葉をサイト上で公開した。10日間で5州14都市をご訪問されたなかでも、我々にとって最も感動的だったのは、皇族として初めてご訪問された平野植民地での出来事ではないか▼初期移民がマラリアで次々と斃れてい […]
  • 四世ビザ解禁に条件付き賛成/日本人並の高校卒業率達成が前提2017年5月12日 四世ビザ解禁に条件付き賛成/日本人並の高校卒業率達成が前提  11日付7面に掲載した共同通信記事「高齢者、外国人材の活用を=自民党の1億本部が提言」には、自民党の1億総活躍推進本部が、少子高齢化に伴って働き手が細っていく中、外国人材の積極的な活用を求める提言をまとめ、《日系四世への在留資格の拡大》を盛り込んだとあった▼つまり四世 […]
  • 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう2017年5月26日 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう  皇室の歴史や成り立ち、現在の状況などについて、ポ語で説明した本があっただろうか。二、三、四世ら次世代に伝えるべき日本文化を両語で出版するシリーズ本『日本文化』第5巻は、その皇室をテーマにしている。来年7月に移民110周年が県連日本祭り会場で予定されており、皇族がご出席 […]
  • 壊滅的な被害を受けたネパールの首都カトマンズの広場。わずかながらも市が立ち始めた様子(4月27日、Foto: Bernard Jaspers-Faijer/EU/ECHO, 27/04/2015)2015年5月1日 なぜグローボ特派員は被災地の平静さに感動するのか  「大震災にも関わらず、ネパール国民は商店略奪もせず、家族を失った悲しみに耐え、平静を保っている」とグローポTV特派員は感動しながら伝えた▼これを見て東日本大震災の時に、同局特派員が「被災地で商店略奪は起きず、信じられないことに、被災者同士助け合う光景が繰り広げ […]
  • 3・11と日本の〝大本営発表〟体質2016年3月10日 3・11と日本の〝大本営発表〟体質  5年前の3月11日朝7時、いつものようにグローボ局ニュースをつけると、大津波の映像が流され「まるでSF映画だな」と客観的に見入っていたら、日本だった。驚いてネットで確認し衝撃を受けた。さらに翌日、グローボは原発爆発の映像を放送し、炉心溶解に言及していた。それを見て頭の中は大混 […]