ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年4月12日

 レストランの日本食を食べて、何故こんなに不味く作れるのだろう? と感心することがほとんどだ。技術的な問題というよりも、要は本物を知らないのではないか。作り方は知らずとも、見て食べてこれは違うと分かることが肝要だと思う▼日本の五つ星ホテルの日本人料理人が市内ホテルのイベントで腕を振るうと知り、早速行くことにした。調味料はすべて日本から持参、「本場の味を知ってほしい」と鼻息が荒いと本紙記者から聞き、心が躍った。110レアル。日本なら高級料亭の昼御前が食べられる。ただ、ここはブラジル、3倍と考えてよしとした。ブッフェ形式で、酢の物や寿司、てんぷら、照り焼きなどの定番が並んでいる。ブラジル人も知る味で違いを知ってもらおうという自信を伺わせた▼握り寿司を食べると何故か餅が入っている。何だろうと思ったら、握り固めたご飯だった。それも酢の味がしない。シャリを半分残し、てんぷらに箸を進めると油で滑った。胃が悪くなりそうだったので、やめておいた。ほかの物も驚くような違いを感じない。締めに麺類を食べようと思い、ふやけたクズきりの入った鍋を一瞥し、小鉢のラーメンを食べようかと思ったら、隣に「さぬきうどんのつゆ」。どうすればいいのか戸惑った▼正直、これなら値段が5分の1のリベルダーデのポルキロで十分だ。何が問題なのだろうか。本場の味に衝撃を覚えたブラジル人はいたのだろうかと思うと同時に、コラム子の舌がおかしくなっているのかとの疑問も沸いた。調理人は「サンパウロに本当の和食店は5軒ほど」と話してようだが、その五軒に入るかどうかは箸も筆もおきたい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]
  • 世界中にさらされ続ける伯国の政変2020年1月17日 世界中にさらされ続ける伯国の政変  13日、世界の映画賞の最高峰、アカデミー賞のノミネート発表が行なわれたが、この日は同時に、伯国政界が世界の好奇の目にさらされ続けることになることを決定付けた日にもなった。それはドキュメンタリー部門で、伯国の作品「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートを受けてしまった […]
  • みんな、昔は子供だった2020年1月17日 みんな、昔は子供だった  10、14日付ブラジル国内ニュースサイトに、マラニョン州内陸部の町の子供達の事を扱った記事が出た▼10日の記事は、プレジデンテ・ドゥットラという人口4万7千人の町の道路でサッカーをやっていた子供達が、隣人の家に飛び込んだボールを取り上げられ、どうやったら返してもらえるかを相談 […]
  • 2018年以降、日本・ブラジル間で金融口座情報が筒抜けに2020年1月14日 2018年以降、日本・ブラジル間で金融口座情報が筒抜けに  今回は資産家向けの話で、コラム子のような一般庶民には、正直言ってあまり関係がない。だが、読者には資産家も企業家もいるので、予備知識として知っておいてもいいかと思い、調べてみた。   ブラジル在住者が10万ドル超を日本に持つ場合    まずブ […]