樹海

 全国で反ジウマ、反PT(労働者党)、反汚職などを叫ぶデモが起きた15日、ベネズエラでは大統領の権限強化のための法案が承認された▼ベ国議会が認めたのは、反体制派の政治家逮捕後に米国が制裁などと言い始めた事を契機に出された法案で、国の安全を脅かす行為に対しては大統領令のみで9カ月間物事を動かす事が出来るというものだ。14日には市民も含んだ軍事訓練も開始されたという。これらの報道と共に、昨年の反政府デモ参加者が今も獄につながれ、その中の1人が13日に遺体で発見されたという報道に触れると、ブラジルのデモがいかに平和的かと思わされる▼ベ国では昨年、反政府デモが約100日間続き、反体制派を中心に43人が亡くなった。一方、15日のサンパウロ市でのデモは子供連れも目立ち、機動隊員と写真に納まる子供達さえいた▼大統領の直接選挙を求めた1984年のデモ以来の歴史的なデモには当時のデモ参加者らも加わり、直接選挙で選んだ大統領退陣も含む要求を突きつけたのはある意味で皮肉かも知れない。だが、ジウマ大統領自身がデモの前、抗議の声を上げる事は民主主義で保証されている権利だと認め、暴力行為に走らぬよういさめていた事を思えば、ブラジルの民主主義はベ国のそれよりはるかに成熟していると言える▼84年のデモ参加者やコーロル氏弾劾に動いた人達は13、14年のデモにも加わった。政府が国民の声を聞く事を忘れれば、ここ数年のデモ参加者やその子供達は再び大きなデモを起こすだろう。二つの国のデモを見て、為政者が民主主義の意義や尊さを忘れる事なく、謙虚さと国民の声を聞く姿勢を保てるようにと願わされる。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • PT(労働者党)の冬=ダニエル・ペレイラ著2018年11月7日 PT(労働者党)の冬=ダニエル・ペレイラ著  PTハダジ候補者は、ルーラ元大統領との「へその緒で結ばれた関係」から生ずる利益と負債を、同時に獲得した。  イボッペ選挙調査によると、9月中旬わずか7日間で支持率が11%急上昇し、大統領選挙戦第2の地位を固めた。1週間前のダッタ・フォーリャ選挙調査によると、拒絶率も […]
  • ロシア革命100周年と極右台頭2017年11月10日 ロシア革命100周年と極右台頭  ブラジルを代表するサンパウロ州の2大新聞、フォーリャ紙とエスタード紙は5日の紙面で、4ページからなる特別冊子編成扱いで共に「ロシア革命から100周年」の大特集を組んだ▼今回のこの100周年に関してはどこの世界もそれなりに記事としては展開しているが、一見ロシアとそれほど […]
  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]
  • 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘2016年11月1日 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘  全国統一市長選の決選投票を翌日に控えた10月29日午後、サンパウロ市のパウリスタ大通りで、アメリカ大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏を支持する派、しない派に分かれて市民が集まって集会を行ったところ、両者の議論が白熱し、乱闘騒ぎとなって、警察が出動し、4人を補導する事態 […]
  • ジウマ=罷免後も「クーデター」連発=懸命の主張も実際のところは?2016年9月2日 ジウマ=罷免後も「クーデター」連発=懸命の主張も実際のところは?  8月31日、ジウマ大統領は弾劾裁判で罷免されたが、その直後に発表した声明で「これ以降もミシェル・テメル新大統領の新政権に対する戦いを続ける」と、宣戦布告のような宣言を行った。  ジウマ氏は声明の中で「これは私が体験した、人生で2度目のゴウピ(クーデター)だ」とし、学生時 […]