ホーム | 日系社会ニュース | 「力合わせてW杯代表応援を」=新年祝賀会で5団体が誓う=日伯交流の契機となる年に

「力合わせてW杯代表応援を」=新年祝賀会で5団体が誓う=日伯交流の契機となる年に

ニッケイ新聞 2014年1月3日
援協・菊地会長(右)の乾杯で新年を祝う一同

援協・菊地会長(右)の乾杯で新年を祝う一同

新年祝賀会がサンパウロ市の文協ビルで1日午前に行われ、200人以上が集まってお正月を祝った。ブラジル日本文化福祉協会、援協、県連、商議所、日伯文化連盟などの共催5団体代表のほか、JICAブラジル事務所、国際交流基金サンパウロ日本文化センターなど多くの来賓が出席した。サッカーW杯で多数の日本人が来伯することが予想され、共に手を取合って日伯交流の機会にすることが誓われた。

文協コーラス部の先導により日伯両国歌斉唱の後、木多喜八郎文協会長が祝辞を述べた。「W杯もあり観光、視察も兼ねてご来伯される方も多いでしょう。新しい日伯の交流親密化に大いに期待しております。変動の多い年となるでしょうが今年も一年、力を合わせてがんばりましょう」とこぶしを握った。

福嶌教輝総領事は「日系社会成功の影には幾多の困難と苦難があり、それらを乗り越えてきた皆さまには、尊敬の念を禁じえません」と述べ、W杯ブラジル大会開催にも触れて「我々はブラジル代表の大躍進を願い、ブラジルの皆さまからは日本チームの決勝トーナメント進出を応援していただきたい。世界中から益々注目を浴びるブラジルと、経済回復をみせる日本の交流が進化するよう、総領事館としても日系社会との関係を一層強固なものとし、今まで以上にオールジャパンで活動していく所存です」と力強く語った。

園田昭憲県連会長による万歳三唱、コーラス部先導による「一月一日」の合唱で式典を締めくくり、大サロンに会場を移して祝賀パーティーが催された。

毎年参加するという下田和子さん(75、愛知)は「大晦日の餅つき大会も行きました。日本と変わりない雰囲気を味わえてうれしい」と笑顔を見せた。子供移民ゆえに「大昔は日本のものは何もなかったけど、今は多くのものが手に入る。でも日本へ帰った人も多くいて、中国人が売っていたりするけど」と感慨深げに語った。

斉藤尋子さん(89、東京)は娘の藤川静枝さん(58、二世)と来席。「娘や友達にも会える良い機会になっています」と話し、「こういう席に参加して、日本の正月の雰囲気を忘れないようにしないと」と笑いを誘った。静枝さんは静岡へデカセギ中で2年に1回のペースで帰伯しており、「日本の寒い正月より、〃暑い正月〃の方が好きです」と当地での年明けを喜んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか2010年6月26日 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか ニッケイ新聞 2010年6月26日付け  「ブラジル人はW杯の時だけ愛国者だが、ドイツ人はサッカーでしか愛国心を公にできない」という有名な言葉がある。これはサッカーとナショナリズム(国粋主義)の緊密な関係を端的に示した言葉だ。その意味で、日本の日本人はドイツ人に近いが、日 […]
  • 世界4位は最悪の結果か2014年7月16日 世界4位は最悪の結果か  ブラジル代表が準決勝で大敗を喫した晩、サンパウロ市南部では何の罪もないバスが、なんと20台以上も焼かれた。 次の晩、訪日予定の戦後移民と飲んでいたら、「日本代表が本領発揮できなかった原因をもっと追究すべきだと、故郷の友人に言おうと思っていたのに、ブラジル代表があのザマじゃ […]
  • ステーキとお茶漬け2014年7月9日 ステーキとお茶漬け  6月以来、一般ニュースまでW杯ほぼ一色で、他のイベントも見事にない。そんな時にも関わらず、先週末サンパウロ市で日本祭りが行われた。20万人近くが訪れる、地元主催では世界最大級の日本文化イベントだ。 そこで静岡新聞社と共に富士山写真展を開催したら、ブラジル代表の試合時間です […]
  • サッカー全国選手権が19日開幕=今年のブラジルを制すのは?2014年4月18日 サッカー全国選手権が19日開幕=今年のブラジルを制すのは? ニッケイ新聞 2014年4月18日  ブラジルの国内での最大の大会、「ブラジレイロン」こと全国選手権が今週末の19日から開幕する。 サンパウロ州選手権をはじめとする、全国27州での州選手権が13日に終わったばかりだが、休む間もなく、今度は全国選手権がはじまる。 この全国選手権は […]
  • 「各地の学校で行っている講演会でも、日本で学んだことについて話している」と語るワシントン。カシアス市スポーツ局オフィスで2014年3月6日 W杯特別企画=サッカー兄弟国 日伯の絆=元助っ人からのエール=(4)=ワシントン=長谷部に注目、1勝2分け=勝負のカギは暑熱対策 ニッケイ新聞 2014年3月6日 「規律、勤勉さ、フェアプレー精神。日本からは本当にたくさんのことを学んだ。その姿勢は今の活動にも生きている」と感慨深げに語るワシントン・ステカネラ・セルケイラ(38)。彼は現在、自身のプロデビューの地であるリオ・グランデ・ド・スール州カシア […]