ホーム | 日系社会ニュース | 援協=一部の福祉事業所を別組織に=評議員会と臨時総会で承認=公益社会福祉法人登録問題で

援協=一部の福祉事業所を別組織に=評議員会と臨時総会で承認=公益社会福祉法人登録問題で

ニッケイ新聞 2014年1月14日
臨時総会で説明する菊池会長

臨時総会で説明する菊池会長

サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)は聖市リベルダーデ区の本部5階で11日午前と午後、それぞれ臨時評議員会(30人出席)と臨時総会(70人出席、9人委任状)を開催し、「保健部門と分離した組織の創立」を承認した。今月中に「Enkyo」名を入れた新団体(非営利団体)を創立させ、「公益社会福祉法人」登録に支障の起きている傘下福祉組織をそちらに移すことを決議した。

もし、連邦政府の「公益社会福祉法人」登録を失った場合、援協全体で月々約130万レアルもの税金等の支払いが必要となるため、登録維持は死活問題といえる。ところが数年前から連邦政府の登録制度が改変され、厳しくなってきた。

かつてブラジリアで手続きしていたものが、各団体が所在する州や市に最初に監査する権限が与えられた。それにも伴って、たとえばスザノ市のイッペランジアホームの場合、入居者の大半が市外住民であり、「市が指定する地元住民を60%入居させれば認可してもいい」との条件が付けられる事態となった。

その場合、保護された路上生活者、元麻薬中毒者などが回されてくる可能性もあり、従来のホーム入所者との間に軋轢が生まれることを危惧した援協では、同ホームの団体登録を援協から独立させる〃苦肉の策〃を講じることにした。登録問題が生じた傘下組織だけを、別組織を作って移管し、援協本体の登録に影響を及ぼさないようにする考えだ。新組織は、審査がもっと簡易な「非営利団体」として設立し、その分、税金等を払うことになる。

援協は、友好病院など五つの医療事業所、七つの社会福事業所を運営している。後者の登録更新が特に厳しくなっており、七つのうちで市の正式登録ができたのは三つに過ぎない。いずれも厳しくなる流れにあるが、現状ではスザノが特に難しい状況にある。

援協の年間収支の95%は友好病院の売り上げであり、その余剰金を万年赤字の福祉施設に回すことで、全体としての均衡を保ってきた。傘下福祉団体に登録上の問題が生じたことで、援協本体まで登録できなくなれば存続が危ぶまれる事態となる。

本体が「公益社会福祉法人」登録を維持するには、病院売上げの2割を社会還元(無料診療など)するか、病床の6割をSUS患者に充てることが連邦政府から求められており、援協としてはその代わりとしてサンミゲル・アルカンジョにSUS病院を新設するなどの対処をしてきた。これ以上、交渉の不安材料を抱えたくない援協としては苦渋の選択だった。

評議員会や臨時総会では菊地会長、毛利連副会長、佐々木弘一会計理事らが数字を挙げて1時間ほど説明し、特に異議が申し立てられることなく承認された。

菊地会長は「新組織だから名前やCNJP(団体登録番号)は変わるが、ホームの運営は今まで通り。理事会や定款もほぼ一緒だし、本部もこのビルの中。書類上の変化であり、安心してほしい」と強調した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 来伯団の皆さん(左から3人目が日比野会頭、左端が松田さん)2014年3月29日 愛知県 犬山商議所一行が来伯=元コチア青年との縁で ニッケイ新聞 2014年3月29日 愛知県犬山市の商工会議所から日比野良太郎会頭、安達英昭副会頭らと、デカセギ支援を行う「南米交流」(愛知県豊橋市)の松田一男代表取締役の計6人が6~11日まで来伯、リオのカーニバル、イグアスの滝などを視察・観光した。 姉妹提携している宮崎県 […]