ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2014年1月17日

 数年前から騒がれている鹿児島県人会館売却に向け、いよいよ進展がありそうだ。創立100周年も無事終わり、同県ブラジル実習生も今期で終了と区切りの年だ。

 売却実現は目前ではないものの、年末年始には数年生活していた日本人男性2人が引越ししていった。まだ10人以上の生活者がいるものの、「年内には必ず」と力を込める事務局は、W杯に向けた滞在問い合わせにも現段階では断りを入れているという。

 「身の丈にあった会館規模で運営しないと」と園田昭憲会長も言うが、日本人旅行者のブログには会館滞在の記事も多数見られ、ある意味では聖市のシンボルのような存在だった。

 コラム子も含めて、少なくなった生活者の間には「まだ売られないだろう」との楽観と、「ほんとに売られてしまうのか」という寂しさが入り混じっている。(祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2014年2月21日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年2月21日  W杯で日本から来る来伯者にとって、日系社会と言えば、「サンパウロの宿泊地に県人会があるらしい」程度だ。  せっかく山ほどの日本人応援団が来るのだから、7月の日本祭りなど日系イベントの参加も積極的に呼びかけてみてほしい。参加はできなくとも、 […]
  • リオ五輪マラソンで日系社会PRを!2015年9月5日 リオ五輪マラソンで日系社会PRを!  先月に開催された世界陸上で、女子マラソンの中継を見た。中国で開催された同大会には、沿道にも多くの観客がいたようだ。ふと思ったが、リオ五輪のマラソンで当地日系社会をアピールできるのではないか。 昨年のW杯ブラジル大会では、レシフェ文協が主導し日の丸手袋を5万枚作製した。だが、席 […]
  • オーリャ!2014年7月11日 オーリャ!  「これだけ大きくなったのも考え物ですよ」。日本祭り会場を見渡した関係者がぼやいた。W杯中でも来場者多数、郷土食完売という県人会も多く、表向きは上々に見えたのだが…。 県連首脳陣に企画運営の専門家が不在なのは不安要素の一つだ。規模拡大に伴い「そろそろ運営をプロに任せるべきで […]
  • オーリャ!2014年6月28日 オーリャ!  宮城県人会館でW杯日本代表観戦会を取材中、「日本人訪問者サンパウロ支援委員会」に感謝したいという女性に出会った。母と友人の3人で初来伯したという岡部愛さん(38、山形)は「来伯前の現地情報は貴重で、来てからとても役に立った。困った時にメールを送ったら直ぐに対応してくれて感 […]
  • 大耳小耳2014年3月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月28日  川目武彦弁護士によれば「日本の弁護士は今ひっ迫している」。というのも、産業界の要請で法科大学を増やした所、弁護士の数が増えすぎたせいとか。そうでなくても外国人支援に踏みこむ人は少ないのだから、司法サービスから疎外されがちな在日ブラジル人を […]