ホーム | 日系社会ニュース | 藤間流が新春踊り初め=10代の若手も活躍中

藤間流が新春踊り初め=10代の若手も活躍中

ニッケイ新聞 2014年1月18日
大講堂が一杯となった踊り初め

大講堂が一杯となった踊り初め

藤間流日本舞踊学校(藤間芳之丞会主)が、12日に文協大講堂で「第53回新春日本舞踊 踊り初めの会」を開催した。芳之丞会主ほか名取や門下生約40人が踊りを披露、約800人が出席し踊りを楽しんだ。

演目に先立って、門下生たちが「藤間流芳之丞師八十路の祝舞」と題した祝いの舞を披露し、力強い晴れやかな舞で観客を楽しませた。

最年少の演者で長唄小曲を披露した富岡ファビアナオミさん(15、三世)は、カポエイラを習っていたときの友人の紹介で日本舞踊を始め、8年になる。「他の踊りとは異なる独特な内容に惹かれた。先祖の文化も知れるのでとても気に入った」という。

ジャズ、バレー、ベリーダンスなど各種ダンスも習い、またサンバ学校ではポルタバンデイラという重要な役割も果たしたことがあるが、日本舞踊が好きだという。「将来は、踊りの先生になりたい」と夢を語った。

今、コロニアでは若い世代への日本文化継承が課題のひとつだが、同学校では心強い若手が育っているようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • 技術実習生受入れ枠拡大へ=静岡県人会60周年式典で=先人偲び、川勝知事が言及2017年8月30日 技術実習生受入れ枠拡大へ=静岡県人会60周年式典で=先人偲び、川勝知事が言及  ブラジル静岡県人会(原永門会長)は今年創立60周年を迎え、27日午前11時より同会館で記念式典を開催した。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席し、記念の節目を祝すと共に、技術実習生の受入れ枠を拡大の検討を約束し、今後より一層交流を深めていく姿勢を示した […]
  • 大耳小耳2013年7月4日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年7月4日  静岡文化芸術大学の池上重弘教授が県内9大学を対象にネット上でアンケートを行った所、大半の大学が定住外国人学生の在籍状況を把握していないことが分かった。入試制度、減免措置、奨学金に関しても、一校を除いては対応なし。しかし、「大学進学を目指す外国 […]
  • 2012年11月24日 第12回=サンルイス=名物ボイ踊りを堪能=青年隊員の知られざる貢献 ニッケイ新聞 2012年11月24日付け  最後に、山田清さんが手配した同州が誇る芸能「ブンバ・メウ・ボイ」を踊るチーム「ボイ・デ・ルア」の舞踏が披露された。若者40人がバンドと踊り子に分かれ、植民地時代に富を象徴した「牛」を中心に、インディオの魔術師役、カボクロ役、黒人 […]
  • 大耳小耳2012年7月18日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年7月18日付け […]