ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月24日

 バンド「ガイジン戦隊」が初開催した『カラグア日本祭り』は、音楽とコスプレショーが中心の夜祭りだ。昨年は、イベントに正式な名前をつけないまま開催したが、欧州からもコスプレの世界選手を招へいしたとか。今度は石川県のカラーマーク社で新アルバムを収録予定。格好いいロックバンドのアニメオタクに、日本人もびっくり? 「オタク」のイメージも一新されそう。

     ◎

 元サッカー留学生の屋良さんは専門誌『サッカーダイジェスト』02年6月号でも「南米仕込みの自由な指導者」と報じられた。日本で重んじられる丁寧なパス回しより、〃遊び心を持て〃を重視する。紅白戦に選手に交じって出場し、曲芸まがいのプレーも披露し、楽しさ、面白さを分かりやすく伝える。同誌記者は《ちょっとしたアクセントを加えることで、サッカーの面白さは何倍にも広がるのだから。これこそ屋良の指導方法の魅力と言えるだろう》と書く。体当たりで当地の流儀を吸収していった彼ならではだ。先のサンパウロ市杯でも柏レイソルが丁寧なパス回しで注目されたが、あと一歩の突破力の無さが致命傷となった。南米流〃屋良式〃こそが日本に足りない部分?

     ◎

 独立行政法人「日本学生支援機構」(JASSO)が、ポ語版「日本留学ガイドブック」(Stu-dent
Guide to Japan)の提供を開始した。留学の流れから教育機関の紹介、留学試験について、暮らしのイロハまで、日本留学に関する基礎知識が満載。ネットからもPDFファイルが閲覧可能。関心のある方はサイト(www.jasso.go.jp/study_j/sgtj.html) まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々2018年7月19日 眞子さま、いらっしゃいませ!=「明治の日本」残すノロエステ=日系社会から歓迎の言葉続々 プロミッソン=教育勅語が大家族の中心に=「世に尽くすことが喜び」  「これが人生で最高の写真です」――プロミッソンの安永一門の長老・忠邦さん(97、二世)がにこりと笑みを浮かべて取り出したのが、30年以上前に日語教師の研修で訪日した際、天皇皇后両陛下(当時、皇太子 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]