ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年2月6日

 公文伯国進出は、海外展開の歴史の中でも米国、台湾に続き3番目と早かった。喜多川直也・現地社長は「創始者の公文公さん(故人)は、移民を受け入れてくれたブラジルに感謝の気持ちを持っていた」と明かす。パライゾ区に構えた自社ビルは赤字覚悟の着工で、10年にインドネシアに完工するまで自社ビルは日伯の2カ国にしかなかったとか。「私たちの理念は現地の国の教育を良くすること」と同社長。創始者の思いを継ぎ、当地の教育向上に情熱をかける。

     ◎

 ブラジル公文の特徴は、仕事をしながらスキルアップや大学入学を目指す社会人の割合が高いこと。数学で全体の約1割、英語は3分の1以上を社会人が占めるという。「子どもと一緒に塾なんて恥ずかしい」という見栄がなく、社会人になっても学び続けてステップアップしたいという意欲が強いとか。子どもから高齢者までが集う学びの場となっている。

     ◎

 戦後有段者によって始められた聖市での合同強化練習。発起人の一人である岡野脩平によれば、「はじめた当初は、どの選手も『クラブでの練習が優先』と全然人が集まらなかった」。対策として、全伯州対抗選手権の聖州代表選手の選考形式を変更し、練習に出てくる選手のみを選考対象としたという。結果的に参加者は増えたものの、強引ともとれるやり方に「裁判を起こされたこともあった」のだとか。今にして思えば、その豪腕がなければ現在の伯国柔道はなかったはず。いつの時代も、パイオニアは反感を食らうのだということをしみじみ実感。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年1月4日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月4日  コッパ・サンパウロに日本人として初出場を飾ったのは、1985年の三浦知良選手だ。カズは本紙新年号でも取材に応じてくれたが、82年に渡伯し、早くも85年に出場した。今回の大会には、10代で日本代表に選ばれるような〃超大物〃はいないものの、プロ […]
  • 大耳小耳2018年6月27日 大耳小耳  リオ五輪柔道女子で金メダルを獲得したラファエラ・シルバを育て上げた藤井裕子さんが、女性として初めて、ブラジル柔道男子代表監督に任命されたことが国際柔道連盟から発表された。藤井さんは、12年ロンドン五輪で英国代表女子を指導、13年5月からブラジル代表女子コーチに就任。リオ五輪で […]
  • 大耳小耳2017年12月27日 大耳小耳  25日付け時事通信によると、同日に安倍晋三首相と上川陽子法相が日系四世向けに日本で就労するための新在留制度を導入する方針を固めた。来年1月にパブリックコメントを実施し、年度内の導入を目指す。対象年齢は18~30歳、「特定活動」の在留資格で最長5年の滞在を認めることを軸に検討を […]
  • 大耳小耳2017年8月15日 大耳小耳  5日に開拓先亡者慰霊碑を参拝した穀田恵二衆議は、さっそうと着物姿でイビラプエラ公園に登場。聞けば、「海外に行くときはいつも着物を着ている。外国の人が見たら中国人か韓国人か分からないけど、これなら一目で分かる。着物は『ジャパニーズ・コスチューム』です」とのこと。国会議員らしく日 […]
  • 大耳小耳2017年7月1日 大耳小耳  日本のニュースサイトによると、静岡県浜松市でブラジル五輪チームの合宿が行われる予定だ。今月8~12日にもブラジルの柔道代表選手が合宿をしたとのこと。ほかにも、浜松市は水泳、バレーボール、卓球の事前合宿を誘致しているとか。浜松にゆかりのあるブラジル人選手といえば、柔道家のダニエ […]