ホーム | 日系社会ニュース | 「力の源はブラジルの体験」=交流協会OBらが被災地支援

「力の源はブラジルの体験」=交流協会OBらが被災地支援

ニッケイ新聞 2014年1月25日

 前身の日伯交流協会時代から30年に渡って当地の日系企業などに若者を派遣するブラジル日本交流協会(二宮正人会長)の研修生OB・OG団体「日伯かけ橋の会」は、昨年11月30、12月1の両日、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市の仮説住宅を訪問し、「ブラジル文化でリフレッシュ!」をテーマとした支援活動を行った。

 1990年にパラー州べレンのY・ヤマダで研修し、震災発生の半年前まで同市に居住していた水谷朱さん(46、愛知)ら、同会有志のメンバーが震災直後から始めた支援活動が母体となり、同年末からはさらに多くのメンバーを巻き込み、同市の仮説住宅への訪問支援を開始、ブラジル料理の披露やサンバショーでの支援を行ってきた。今回で8度目。

 同会メンバーや来月から伯国各地に派遣される研修生らに加え、東京都、静岡県浜松市、群馬県大泉市の各都市の3チーム30人以上からなるサンバ隊やゴスペルチームも参加、総勢59人が同市を訪問した。

 初日には、同市にある9つの仮設住宅地のうち、最も新しい植松入生仮設住宅を訪れ、ゴスペル隊による合唱、ブリガデイロやアサイークッキーなどのブラジル菓子を振舞うお茶会、サンバ隊によるダンスの披露などで集まった約40人の入居者を盛り上げた。

 震災前まで30年以上に渡って続けられてきた「ゆりあげ港朝市」の本格的な再開を祝う記念イベントにも参加し、特設ステージでサンバを披露、盛況を博した。

 現地とのコーディネーター役を務め、過去8回全てに参加する水谷さんは「こういったボランティア活動へのメンバーの力の源は、若き日々をブラジルで過ごした共通体験。私たちを大きな懐で迎え入れてくれた日系の引き受け先の方々へのご恩を、今できる場所で遠くから返させていただいている思いです」とメールで本紙に思いを寄せた。

 水谷さんの活動に対する思いやこれまでの活動の経緯についての文章全文は、2月1日付「ぷらっさ」欄に掲載する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • かたつむりアートを制作中の子どもたちと、完成品を見せるボルゲスさん。2014年3月13日 コシノジュンコ企画=日伯児童がアート交流展=被災者への追悼を込め ニッケイ新聞 2014年3月13日 大竹富江インスティチュートで矢柳剛氏との合同展『Opa! 陽気な黙示録』を開催中のデザイナー、コシノ・ジュンコさんプロデュースによる日伯交流企画「かたつむりアート」が7日、同施設で実施された。 「かたつむりアート」とは、芸術家の矢柳さんが […]
  • 海と大地と共に生きる故郷=岩手県 達増拓也知事2014年3月12日 海と大地と共に生きる故郷=岩手県 達増拓也知事 ニッケイ新聞 2014年3月12日  東日本大震災3周忌追悼式が、ここサンパウロにおいて開催されますことを、岩手県民を代表して心から御礼申し上げます。  震災での津波発災以降、ブラジルの皆様をはじめ、世界各地からたくさんの温かいお見舞いや激励、義援金の提供など、改めて心から感 […]
  • 黙祷をささげる関係者2014年3月12日 岩手、宮城、福島が3.11追悼式=「がんばれ日本、東北!」=復興祈り、黙とう捧げる=明るい近況報告も届く ニッケイ新聞 2014年3月12日 「復興に向け、着実に一歩ずつ」。岩手、宮城、福島の3県人会が11日午後2時から、宮城県人会館で『東日本大震災3周忌追悼式』を行った。震災発生日に合わせた平日開催にも関わらず、約100人が集まり犠牲者に黙とうを捧げた。防災関係者による講習や […]
  • 新産業を創出する取り組み=福島県 佐藤雄平知事2014年3月12日 新産業を創出する取り組み=福島県 佐藤雄平知事 ニッケイ新聞 2014年3月12日  本日ここに東日本大震災3周忌追悼式が執り行われるに当たり、福島県民を代表し、謹んで追悼の言葉を捧げます。  開催に御尽力いただきました3県人会を始め、関係者の皆様に心から敬意と感謝の意を表します。  県では地震と津波、原発事故により、あら […]
  • 今も応急仮設住宅暮らし多い=宮城県 村井嘉浩知事2014年3月12日 今も応急仮設住宅暮らし多い=宮城県 村井嘉浩知事 ニッケイ新聞 2014年3月12日  本日、ブラジル宮城県人会をはじめとする東日本大震災の被災3県人会共催の下、本式典を開催いただきますことに、心から感謝申し上げます。  時間の経過とともに、震災の記憶の風化が懸念される中、多くの皆様の御尽力により、遠く離れた御地ブラジルでこ […]