ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年1月29日

 麻薬依存者更生プログラム「ブラッソス・アベルトス」が話題のサンパウロ市中央部のクラコランジアだが、27日、同地区のバロン・デ・ピラシカーバ通りで午前11時頃、軍警が依存者の強制立ち退きを行なった。その理由は、この近くにある学校サグラード・コラソンがこの日から授業を再開するため。奇しくもそこに「ブラッソス~」に参加中の依存者が清掃作業で通りかかった。軍警を出動させての州の強権的な対処と、依存者と対話し社会復帰への意識を促がす市のやり方が鉢合わせになった。軍警はその後も場所を変えてはたむろする依存者の後を追い掛け回したとか。市の方の好評を受け、州もかなり意地になっているよう。

     ◎

 27日夕方、サンパウロ市中央部ルス駅のCPTM側の構内で、発砲事件が起こり構内は騒然となった。これは50歳台と見られる男と17歳の少年が口論となり、男が少年を撃ったものだ。少年は通行人の助けも借りて、すぐに近くのサンタカーザ病院まで搬送され手当てを受けているが、現在まで具体的な傷の具合や安否については明かされていない。撃った男性は現在も逃走中だ。それにしても口論で突然発砲とは。口ゲンカも命がけ?

     ◎

 サンパウロ州勢の出場がないために、サンパウロ州民にはやや関心が薄いものとなってしまった今年のリベルタドーレス杯だが、29日から開催する。最初は、出場チームの中で国内の選手権での結果の最も悪い12チームがリーグ戦出場をかけての第一次予選を行なう。その12チームの中にブラジルのアトレチコ・パラナエンセとボタフォゴの2チームが含まれている。地元W杯の年のリベルタドーレスを制すのはブラジル勢?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • カンデラリア聖母教会2014年6月12日 イトゥー市へ来てください=歴史や特色ある工業都市=奥地探検隊が拓いた町  サンパウロ市から北西に約100キロに位置する閑静な町イトゥー。W杯期間中、日本代表チームがキャンプ地として使用する同市は人口約16万人で、日系人も多いほか、日本企業7社が工場を構えるなど日本とのつながりが深い。また、同市と名前の響きが似ており、観光都市という点でも共通点が […]
  • W杯試合日に交通規制=ラジアル・レステの一部で=地下鉄やCPTMは増発2014年4月8日 W杯試合日に交通規制=ラジアル・レステの一部で=地下鉄やCPTMは増発 ニッケイ新聞 2014年4月8日 6月12日から始まるワールドカップ期間中、サンパウロ市では、アレーナ・コリンチャンス(通称イタケロン)で試合がある日の会場周辺で、特別な交通規制などを敷く事を決めたと6日付フォーリャ紙が報じた。 イタケロンで行なわれる試合は、開会式もある6月1 […]
  • 東西南北2014年3月29日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月29日  27日夜、パウリスタ大通りでサッカーW杯開催に反対するマニフェスタソンが起こった。約1千人の参加者はコンソラソン通り付近からパライゾ方面に向けて行進をはじめ、ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りまで歩いた。参加者たちは「FIFAよ、出て […]