ホーム | 日系社会ニュース | 日通=新たな物流センター開設=大型輸入貨物の管理拠点に

日通=新たな物流センター開設=大型輸入貨物の管理拠点に

ニッケイ新聞 2014年1月31日

 日本の大手物流会社・日本通運の現地法人「ブラジル日本通運有限会社」は20日、聖州カジャマール市に開設した「カジャマールロジスティクスセンター」の営業を開始した。

 倉庫床面積2100平米、約15人の従業員が働く。同社は1979年に当地に進出しており、聖市、聖州カンピーナス、サントス、リオ市、パナラ州クリチバ、アマゾナス州マナウスに続き、国内7ヵ所目の拠点となる。

同市は聖市から北西35キロ、グアルーリョス、ビラ・コポス両空港は50キロ圏内、サントス港までは120キロと立地条件に恵まれ、聖市のセンターでは取り扱えない大型輸入貨物の物流管理拠点となる。

案内のため来社した同社の細谷浩司社長は「需要の伸びに対応できる物流体制を整えるために、新たな独自の拠点が必要となった。お客様のニーズに応える品質の高いオペレーションを目指す」と意気込みを語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ