ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年2月1日

 6月に迫ったW杯に向け、日系5団体が「日本人支援委員会」を昨年末に立ち上げた(本日付け7面)。記事を読み、取材記者に話を聞きながら、疑問がつのった。まずは文協である▼「広報窓口」という。先月31日付け「ど~なってるの? 文協改修」関連で、1億円の寄付金授受後、「状況を説明する記者会見をする」とトップが明言しながら、平気で反故にする団体である。日本語版が貧者な「文協サイト」の存在すら認知されていないのにどうする。コロニア向けにすらできないことを、どうして日本人向けに出来ると思えるのか謎だ▼県連は「緊急時の宿泊場所」を提供するとか。5県人会が手を挙げたが、ベッドもなく、あくまで〃スペース〃。それも「積極的な呼びかけをしないこと」を確認している。緊急に宿泊場所が必要な人が、どういう形で存在を知るのか。バールで飲んでいる会関係者に聞くのか。ならば自宅に泊めればいいではないか▼援協は「緊急時の医療対応」。事務局は「適応できる保険をHPで」とか。それは緊急ではなく通常業務だ。言外に「保険がなければ困る」と言っているに等しい。こういう支援ヅラは、同胞に失礼ではないか▼大原則だが、旅行は自己責任が基本。加えて、想定がネガティブであることがおかしい。チケットが取れなかった人と日本を応援する空間を共有する場をつくる、移民史料館を期間中開放し歴史を知ってもらうなど、現実にできること、ポジティブなアイデアはないのか。日文連、商議所は何をするのだろう。コロニアお得意の委員会立ち上げ(たら安心)には、いつもながら呆れる。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 日本祭り「お疲れさま!」2014年7月9日 日本祭り「お疲れさま!」  県連日本祭りの裏方で働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。特に各県人会の婦人部の皆さんはこの数日間、家庭のことは二の次で働きづめだった▼弊社と静岡新聞が主催した富士山写真展にも多くの観覧者が訪れ、「涙が出ました」「こんな富士山初めて見ました」と感想を述べ […]
  • ■樹海拡大版■150年祭への切り札=日語学校は「青い鳥」2011年1月1日 ■樹海拡大版■150年祭への切り札=日語学校は「青い鳥」 特集 2010年新年号 ニッケイ新聞 2011年1月1日付け  「チルチルミチルの青い鳥」の話を挙げるまでもなく、本当に必要なものはすでに手元にあるのかもしれない。 […]
  • コラム 樹海2013年10月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年10月29日  県連日本祭りの会場問題がまた持ち上がっている。世界最大級の地元開催による日本をテーマにした祭りだけに、このまま消滅してしまうのは誠に惜しい。もちろん県連関係者にこそ、その想いが強いだろう。来年はサッカーW杯と重なる時期だけに、日本からの来 […]
  • 樹海2014年6月28日 樹海  今年も県連主催の「第17回フェスティバル・ド・ジャポン」がサンパウロ市で来月4~6日まで行われる。開催までは会場費の問題を中心に、すったもんだするが、あとは開幕を待つだけだ。W杯の日本代表は残念だったが、ブラジルに残っている日本人観光客はまだいるはず。是非足を運んで欲しい […]