ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年2月5日

 ダリアの球根は、開花時期の調整のため、思った以上に繊細な管理が必要のようだ。6月頃から球根の堀上げ、株分け、冷蔵処理による強制的休眠を2カ月間、発芽を促す過程など経て、3月のダリア祭で華麗に咲き誇るという。病気対策も必須で、連作障害にも気を配るとか。15日にある式典では、植え付け指導の武吉さん、管理の奥野さんらが表彰される。

     ◎

 毎日新聞の報道によれば、先月26日に大阪市で開かれた『第4回ポルトガル語スピーチコンテスト』で、慶応大学一年の久保山潤さんが最高賞を獲得した。なぜ語学学科のない慶応大? と久保山さんの名前を調べてみると、どうやら高校時代に1年間当地へ留学、帰国後も日系人コミュニティに関心を持ち続け、昨年3月には「第1回日伯高校生未来サミット」なるイベントも主催し、在日伯人を含めた約40人で「浜松市の日系コミュニティから見るこれからの日伯関係」をテーマに討論をったとか。日伯をつなぐ優秀な人材の卵のこれからに期待!

     ◎

 フィリピン・ルパング島で終戦後も遊撃戦を約30年も続けた小野田寛郎さん(享年91)の「お別れ会」が、3月12日に東京の靖国神社「啓照館」で行われる。葬儀は家族だけの密葬だったが、この度は広く一般向け。喪主の小野田町枝さんは「どなた様でもご参集下さいますよう、平服にてご参列を」「供物、供花、御芳志の一切をご辞退申し上げます」と呼びかけている。当地からも旧友の南米通信社の尾和義三郎らが駆けつけるという。小野田農場のある南麻州カンポ・グランデでは初七日ミサがあったが、聖市でも縁の団体が「お別れ会」をしてもいいかも。

     ◎

 31日付本紙で紹介した、中野文雄さんが刊行した自分史『子供移民の半世紀』。読者から「どこで買えるのか」との問い合わせの電話が何度かあったが、残念ながら非売品。ただし、現在本紙6面に掲載されている連載「日本の水が飲みたい」が終了しだい中野さんの自分史を掲載することが決まったので、関心のある方はしばしお待ちを。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年1月18日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月18日  2006年からナタル市に在住する日本人会のメンバー、中村恵美子さんは「日本のメディアが流すナタルの情報には実態に即していないものも多い。マナウスと一緒くたにされ『高温の灼熱地獄』とか、現地在住者にとっては間違い探し状態」とため息。だからこ […]
  • 大耳小耳2014年2月19日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月19日  USP医学部出身の尾崎医師は、1974年~79年に野球クラブに所属し、ピッチャーを務めた。75年度の部長でもある。「創設当時、部員はほとんどベネズエラ人留学生で、伯人は唯一日系人が一人いただけだった」とか。当時は、1930年代半ばに始まっ […]
  • 大耳小耳2014年11月19日 大耳小耳  南麻州ドウラードスにある陸軍西部方面軍の松田ルイ・ユタカ少将の提案で、29年間もジャングルで遊撃戦を展開した陸軍軍人・小野田寛郎氏の生涯をまとめた本が、伯国陸軍監修の出版物として来年後半に発刊されることが正式に決まったことは、本面7月19日付けで報じた。その後も徐々に具体 […]
  • 大耳小耳2014年10月15日 大耳小耳  ジャングルマラソンに挑んだ「Team AHO」は、無謀なチャレンジを重ね、他人に一歩踏み出す勇気を与えようと活動中。頭文字を取りA(明るく)、H(他の誰かを)、O(応援する僕たちの挑戦)をテーマに掲げている。過去にはサハラ砂漠のマラソンにも挑戦。彼らの活動に元気をもらう人 […]
  • 小野田さんの遺影を前に、ミサを執り行うアレッシオ神父2014年3月14日 小野田少尉、安らかに―=12団体が聖市で合同ミサ ニッケイ新聞 2014年3月14日 フィリピン・ルパング島から終戦29年後に帰国した元陸軍少尉、小野田寛郎さん(享年91)の追悼ミサが12日、聖市ジョン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会で執り行われた。 文協、県連、援協、ブラジル日本会議、日伯文化連盟、和歌山県人会、兵庫県 […]