ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年2月7日

 「クレジットカードの年利ほぼ1千%」(2日付けエスタード紙)との見出しに戦慄を覚えた。これはサンタンデルVISAカードで現金を引き出した場合だとある。年初に3千レアル借りれば、年末にはなんと3万2千レに膨れ上がる▼この数字をみて「トイチ」だと思い当たった。日本の闇金融の代表的な手口で、「十日で一割」を略してトイチといい、年利なら365%になる。それが複利で貸し付けられるため、実質年利は1千%を超える。当地では一般銀行が闇金レベルの高利貸しを公然とする▼日本では利息制限法で年利が20%以下に抑えられているから「サラ金」でも18%程度だ。当地銀行のシェッキ・エスペシャルの148%に比べても〃上品〃な商法だ▼中銀の発表によれば、クレジットカード利用者の3分の1が利子なしの一括払いをできず、分割払いをしており、その総額は260億レアルに上る。利用者全体の37%が「90日以上の返済遅滞」に陥っているにも関わらず「中銀は憂慮していない」と書かれている▼貸した側にとって一番美味しいのは、高金利の最低返済月額を延々と払い続けてくれる借り主を多く持つことだ。この部分が金融業の〃フィレ・ミニョン〃だ▼同記事にはサンタンデルでもメキシコなら年利53%、スペイン本国なら26%だとある。本国の26倍の暴利を当地でむさぼる。先進国では不可能なことを、一部の多国籍企業は金融規制が甘い新興国で平気でやって儲ける。先進国の金利を知らない一般国民はカードに踊らされ、複利計算すらできなくても嬉々として買い物をする。いずれカード破産が社会問題になること間違いなしだ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • コラム 樹海2014年3月28日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月28日  当地では11年10月にウクライナ移民120周年が祝われ、同国のヤヌコーヴィチ大統領(=当時、現在はロシアに亡命し法的大統領を主張)が来伯した。文協でも同9月28日の民族芸能祭に各国総領事館代表らが特別に出席して祝った▼そのウクライナのクリ […]
  • コラム 樹海2014年3月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月29日  移民の昔話を聞いていると、騙された話をよく聞く。金を持ち逃げされた、使用人に訴えられた、信用してサインしたら土地を取られた―など。「ブラジル人だったらまだいい。日本人にやられるんだから落ち込むよねえ…」という言葉もよく聞く。開拓でガムシャ […]
  • コラム 樹海2014年3月26日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月26日  6月のW杯グループ戦で日本代表が試合をする3都市はどれも、メキシコのNGOが昨年発表した「世界で最も危険な都市リスト」の上位を占めている。中でもナタウは人口10万人当りの殺人事件57・62人でなんと世界12位、クイアバは同43・95人で2 […]
  • コラム 樹海2014年3月27日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月27日  日本では独自の「カワイイ文化」の一つの到達点として、女性がお嬢様風の洋服やカールした髪、付けまつげで可愛さを追求するロリータ・ファッションが流行っており、一説には100万人も愛好者がいるという▼当地でも10年ほど前から愛好者が増えだした。 […]