ホーム | 日系社会ニュース | プ・プルデンテ=日本語届けて43年=最古のラジオ放送『Melodias Niponicas』=奮闘する橋永パウロさん=「生きてる限り続ける」

プ・プルデンテ=日本語届けて43年=最古のラジオ放送『Melodias Niponicas』=奮闘する橋永パウロさん=「生きてる限り続ける」

ニッケイ新聞 2014年2月15日
ラジオ放送を行うスタジオにて(パウロさん提供)

ラジオ放送を行うスタジオにて(パウロさん提供)

「何度かやめようと思ったけど」――。現在も放送を続けるコロニア最古の日本語ラジオ番組『Melodias
Niponicas(懐かしの日本メロディー)でマイクに向かう橋永パウロさん(82、二世)。1971年の放送開始から、放送局の事情などで中断せざるを得ない状況を乗り越え、聴き手の声に応えて43年目。「生きているうちは続けたい」。本紙の電話取材に張りのある声で答えた。

午前8時、インターネットでチャンネルを合わせて耳を傾けると、元気なパウロさんの日本語のアナウンスが聞こえてくる。その日に誕生日を迎える人の名前が読み上げられ、「○○さん、おめでとうございます!」とリクエスト曲を流す。番組の目玉の一つ。催しものなどのお知らせは、日ポ両語で案内。年齢を感じさせない溌剌さだ。

パウロさんの両親は1928年に大分県より渡伯。自身は32年に当地で生まれた。幼年時代、ランシャリアの日本語学校で学び、55年からプレジデンテ・プルデンテに在住する。

70年代、当地文協関係者から「多くの日本人が町にいるのに日本語のラジオ番組がないのは淋しい。日本の歌が聞きたい」との声を聞き、市内の放送局を調査。妹と会社を立ち上げ、71年5月に同番組を始めた。

7年後、ラジオ局が売却されたことで移った他局が短波放送にのせたことから、パラナ、ミナス、バイーア、国外はアルゼンチン、ペルーなど、遠くは日本へもパウロさんの声は届いた。

ラジオ愛好家で『日本時間―日系社会のラジオ番組―』の著者もある平原哲也さんは、中南米の短波放送を聞くのが日課。同番組から「軍艦マーチ」が鳴り響くのを聴いて驚いたという。

「プ・プレジデンテの場所も、移民の歴史についても、恥ずかしながらほとんど知らなかった」という平原さんとは文通も始めた。

「反響がうれしくてもらった手紙は今も大事にとってある」さまざまな聴き手からの便りが、ラジオ放送を続ける原動力となっているという。

現在の放送は、マルチノポリスのAM放送〃Radio Diario(1010 kHz)〃で、午前8時~9時の時間帯。インターネットサイト(www.diario1010.com.br)から生放送で聴くことができる。

昨年12月には、プ・プルデンテで行われた懐メロカラオケ大会の音源を全て放送した。「聴き手に楽しんでもらえる企画を常に考えている」。地元コロニアに愛される番組づくり。パウロさんの奮闘は、まだまだ続く。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 世界最高の肉牛の牧場を視察される秋篠宮さま(らぷらた報知11日付けより)2014年2月20日 アルゼンチン=「敬意欠いた」と大統領批判=秋篠宮ご夫妻の訪亜歓迎姿勢を ニッケイ新聞 2014年2月20日 【らぷらた報知18日付け】秋篠宮・妃殿下御夫妻は去る1月30日、カサ・ロサーダ(大統領府)にクリスティーナ・フェルナンデス大統領を表敬訪問され、同夜、公式歓迎行事としてアルゼンチン政府主催の晩餐会がアマド・ブードゥ主宰の下にサンマルティン […]
  • 在聖総領事館=成田強領事部長が退官=飯田茂さんが後任に2014年3月26日 在聖総領事館=成田強領事部長が退官=飯田茂さんが後任に ニッケイ新聞 2014年3月26日 2011年3月から3年間、在サンパウロ総領事館に勤務した成田強領事部長(63、新潟)が退官するにあたり、飯田茂さん(61、埼玉)が就任、あいさつのため本紙を訪れた。 成田さんは欧州、中東、アフリカ諸国が主な海外勤務地で、ブラジル駐在は初めて […]
  • メジャーリーグ=50年先見て指導2014年3月8日 メジャーリーグ=50年先見て指導 第6回ヤクルト杯少年野球大会 ニッケイ新聞 2014年3月8日  南米野球を普及強化するため今年もメジャーリーグが来伯、1月27日から2月5日までヤクルト・イビウーナ球場で、合宿指導『第4回エリートキャンプ』が行われた。 メジャーリーグのコーチ7人、ブラジル側のコーチ5人、ス […]
  • 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」2019年2月5日 大城バネサ=歌手生活15周年で南米公演=充実した1年を振り返る=「もっと『長良川悲恋』歌いたい」  【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の日系歌手、大城バネサさん(37)が昨年、日本デビュー15周年を迎えた。現在、活動拠点としている岐阜県羽島市で1月17日に取材に応じ、南米3カ国公演や新曲発売など充実の1年を振り返った。  大城さんは亜国ブエノス・アイレス出身で、一世 […]
  • トライ社の田所社長ら来聖=「らーめん和」移転祝いに2018年11月24日 トライ社の田所社長ら来聖=「らーめん和」移転祝いに  ヤマト商事(高木和博社長)が経営する味噌ラーメン専門店「らーめん和」1号店が、近日中に聖市トマス・ゴンザガ街87番に移転するに伴い、その開店セレモニーが24日に通りをはさんだ同系列のエスパッソ・カズ店で行なわれる。新店舗の正式な営業開始は12月の予定。  それに出席 […]