ホーム | 日系社会ニュース | 110周年作文コンクール授賞式=ブラジリア日本語普及協会=山田大使「日本語は重要な懸け橋」

110周年作文コンクール授賞式=ブラジリア日本語普及協会=山田大使「日本語は重要な懸け橋」

授賞式の様子

授賞式の様子

 首都のブラジリア日本語モデル校の講堂で6月30日午前、「ブラジル日本移民110周年記念作文コンクール授賞式」が行なわれた。式典には、受賞者5人を含め約170人が参加した。
 ブラジリア日本語普及協会(AELJB、三分一貴美子理事長)の主催で行われた同コンクールにブラジリア日本語モデル校、ゴイアス日本語モデル校、タグアチンガ日本語学校、アルカージ日本語学校から29人が応募した。作品のテーマは「私と日本文化」、「私と日本語」。
 三分一理事長は同コンクールの目的について「作文集をつくること、学習者の学習意欲を促進することだった」と説明し、「作文集が作文指導に活かされること、多くの方々の手に届くことを祈っている」と語った。
 出席した山田彰特命全権大使は「コンクールの実施、生徒の指導に尽力された全ての先生に心より敬意を表す」と語り、「両国関係の強化のため、最も重要な懸け橋の一つが日本語学習。本コンクール参加者が交流を続け、両国の懸け橋になっていただけたら」と期待した。

講堂が一杯になった

講堂が一杯になった

 また、JICAブラジル事務所の斉藤顕生所長は「外国語習得が皆さんの世界を大きく広げてくれる。ユニークな日本文化に触れてほしい」と述べ、挨拶とした。
 山田特命全権大使賞、斉藤顕生JICA所長賞、杉野エルミニオFEANBRA(ブラジル中西部日伯協会連合会)理事長賞、秋本満敏CAMPO社副社長賞、三分一貴美子AELJB理事長賞の受賞者5人にトロフィーと副賞が贈られた。
 式後は記念撮影、パーティーとなった。また、応募者全員に作文集が贈られた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • バイリンガルのあり方探る=南米日本語教育シンポジウム=(上)=「教えない」という教え方2017年9月6日 バイリンガルのあり方探る=南米日本語教育シンポジウム=(上)=「教えない」という教え方  「南米日本語教育シンポジウム2017」が8月25日から27日まで、聖市の援協本部神内ホールで開催され、日本語教師ら約140人が参加した。国際交流基金、「南米日系社会における複言語話者の日本語使用特性の研究」(科研)研究チームの共催。日本語教育とバイリンガルに関する興味 […]
  • 新年占う編集部座談会1=ざっくばらんに語ろう!《コロニア編》=秋篠宮ご夫妻来伯の内幕?!=移民110年に向けて準備始めよう2016年1月1日 新年占う編集部座談会1=ざっくばらんに語ろう!《コロニア編》=秋篠宮ご夫妻来伯の内幕?!=移民110年に向けて準備始めよう  深沢正雪(編集長)=それでは、久々に「ざっくばらんに行こう」座談会を始めましょうか。まずは秋篠宮殿下と紀子さまのご来伯記念について、記者それぞれが取材した場所での印象を語ってもらいましょうか。久保将視(記者)=最初のイビラプエラ公園の慰霊碑では、凄く神妙な顔をされてましたね。 […]
  • 移民110周年に向けた準備をはじめよう2015年10月14日 移民110周年に向けた準備をはじめよう  秋篠宮殿下のご来伯日程が正式発表となった。28日に着聖なさるので、ちょうど2週間後だ。11月8日まで12日間も滞在される。その間、聖市、パラナ州4都市、南麻州カンポ・グランデ、パラー州ベレン、首都、リオで日系人らとお会いになる過密な日程だ▼今回も聖州は聖市のみだが、パラナ州は […]
  • 《ブラジル》四世ビザは今後50年を占う重要なテーマ2017年7月21日 《ブラジル》四世ビザは今後50年を占う重要なテーマ  「四世ビザ」は、今後50年の日系社会、いや日伯関係を左右する最重要なテーマではないか。1990年6月、日本法務省が入国管理法を改正し、二、三世への在留条件を緩和したのに匹敵する衝撃を、日系社会に与えるかもしれない。  とはいえ、それ以前に気になっている四世のビザの問 […]
  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]