ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年2月18日

 常日頃、何気なく使ったり聞いたりする表現の一つに、「明日やる」とか「後で」という言葉がある。先日も、「後でやる」という言葉を聞き、思わず「思い立ったが吉日だよ」と切り替えしてしまった▼実はこの言葉は、学生時代に新聞のコラムで読んだ言葉だ。著者によれば、母親が「何かをやろうと思ったら、先延ばしせずにすぐに取り掛かれ」と戒めるために言った言葉だったという。その著者は、「右手で箸を置いたら左足で立ち上がれ」という言葉も紹介していた。ついつい自分に甘くなり、怠惰になりがちな人間の弱さを知った人の言葉だなと思う▼右手首骨折という予期せぬアクシデントから丸5週間。ある日、家でのリハビリの最中に、手の平同士を重ねたまま肘を開いていくという運動をやっていたら、右手の中指が伸びきっていないのに気づいた主人が横から手を伸ばし、中指の部分を挟んだ。その瞬間に激痛が走り、思わず手の平を離してしまった。これは自分に甘くなっていたのを正された例だ▼自分も右腕を骨折した経験を持つ主人は、応援するつもりで手を出したのであり、親が子供をしかったり厳しい要求をしたりするのも、子供の将来を考えての事。冒頭の「後で」の言葉の主は真ん中の娘で、「本当だね。後でと思っていると忘れちゃうものね」と応じてくれた。それを聞き、自分自身ももう一度、「思い立ったが…」という精神を大切にせねばとも思わされた▼もちろん無計画な思いつきは困る。しかし、「後で」「明日」と言っている内に機会を失う事は本当に多い。さあ、今日こそは一日伸ばしにしている仕事に取りかかろう。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • コラム 樹海2014年3月28日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月28日  当地では11年10月にウクライナ移民120周年が祝われ、同国のヤヌコーヴィチ大統領(=当時、現在はロシアに亡命し法的大統領を主張)が来伯した。文協でも同9月28日の民族芸能祭に各国総領事館代表らが特別に出席して祝った▼そのウクライナのクリ […]
  • コラム 樹海2014年3月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月29日  移民の昔話を聞いていると、騙された話をよく聞く。金を持ち逃げされた、使用人に訴えられた、信用してサインしたら土地を取られた―など。「ブラジル人だったらまだいい。日本人にやられるんだから落ち込むよねえ…」という言葉もよく聞く。開拓でガムシャ […]
  • コラム 樹海2014年3月26日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月26日  6月のW杯グループ戦で日本代表が試合をする3都市はどれも、メキシコのNGOが昨年発表した「世界で最も危険な都市リスト」の上位を占めている。中でもナタウは人口10万人当りの殺人事件57・62人でなんと世界12位、クイアバは同43・95人で2 […]
  • コラム 樹海2014年3月27日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月27日  日本では独自の「カワイイ文化」の一つの到達点として、女性がお嬢様風の洋服やカールした髪、付けまつげで可愛さを追求するロリータ・ファッションが流行っており、一説には100万人も愛好者がいるという▼当地でも10年ほど前から愛好者が増えだした。 […]