ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年2月21日

 「ネンネン世代」が将来に暗い影を落としている。ブラジル紙13年12月1日付はこれを「将来を脅かす時限爆弾」と書いた。ポ語表記なら「nem, nem」世代(以下NN)で、人生のうちで最も重要な人格形成期の15~29歳にも関わらず「nem estudam(勉強せず), nem trabalham(働かず)」という世代のことだ▼昨年末のIBGE発表では960万人(11年)もおり、同年齢層の5人に1人がNNだ。NNの23・9%は北東伯に集中し、次は北伯の21・9%で貧困層に多い。彼らのうちで義務教育を未修了なのが32・4%もおり、高校卒業者は38・6%しかいない▼でもBRICsと呼ばれる前後の02年には20・2%もいたから実は0・6%減った。この当時は本当に仕事がなかったが、今は「仕事があってもやりたがらない」という質的変化が起きているようだ▼ある意味、この10年間の経済発展の裏返しだ。NNの70%は女性で家族と同居している。貧困家庭では10人家族のうちの一人、二人が働いて残り全員を食べさせるのは当たり前の風習であり、これがNNを可能にしている。NN女性の58・4%には一人以上の子供がいる。子供のいるNN女性の41%が「母親ではない」と申告しており、未婚のようだ▼若者が仕事や知的な刺激より、異性関係ばかりに関心を持つ。正規労働者が増えた豊かさの裏返しで、実は扶養される家族も増えた。そんな国民意識を向上心旺盛に変えるには、行政や政治が教育重視を徹底するしかないことは、みなが知っているが、実はそれが一番難しい…。本当は「ネン・ポリチコ(政治不在)世代」なのかも。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • コラム 樹海2014年3月28日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月28日  当地では11年10月にウクライナ移民120周年が祝われ、同国のヤヌコーヴィチ大統領(=当時、現在はロシアに亡命し法的大統領を主張)が来伯した。文協でも同9月28日の民族芸能祭に各国総領事館代表らが特別に出席して祝った▼そのウクライナのクリ […]
  • コラム 樹海2014年3月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月29日  移民の昔話を聞いていると、騙された話をよく聞く。金を持ち逃げされた、使用人に訴えられた、信用してサインしたら土地を取られた―など。「ブラジル人だったらまだいい。日本人にやられるんだから落ち込むよねえ…」という言葉もよく聞く。開拓でガムシャ […]
  • コラム 樹海2014年3月26日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月26日  6月のW杯グループ戦で日本代表が試合をする3都市はどれも、メキシコのNGOが昨年発表した「世界で最も危険な都市リスト」の上位を占めている。中でもナタウは人口10万人当りの殺人事件57・62人でなんと世界12位、クイアバは同43・95人で2 […]
  • コラム 樹海2014年3月27日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月27日  日本では独自の「カワイイ文化」の一つの到達点として、女性がお嬢様風の洋服やカールした髪、付けまつげで可愛さを追求するロリータ・ファッションが流行っており、一説には100万人も愛好者がいるという▼当地でも10年ほど前から愛好者が増えだした。 […]