ホーム | コラム | 樹海 | 白昼のバスで射精した男性、13年の罪で有罪に

白昼のバスで射精した男性、13年の罪で有罪に

 8月29日昼過ぎ、サンパウロ市のパウリスタ大通りを通るバスの中で、27歳の男性が通路側の椅子に座っていた23歳の女性の前で性器を取り出し、射精するという事件が起きた。この男性は翌日釈放されたが、9月2日もブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りを通るバスの中で女性に性器を押し当てて自慰行為を行い、逮捕、拘留となった▼2日の身柄拘束は8年間で17回目だから、まさに〃病的〃だ。この男性は4日、13年9月にバスの中で犯した性的暴行で2年の禁固刑を言い渡された。この時は、太ももに触れられた女子大生が、混んでいたから起きた事位に思って電話で話し続けていたら、スカートの中に手を差し入れ、下着の上から性器に触れてきたという。男性は同日、2012年にも10カ月拘留されたと告白している▼公的な場所で無理やりキスされたり痴漢行為に遭ったりしたせいで、体が硬直し、声も上げられない程の状態に陥っても、強姦にはあたらないと見なされて涙を飲んだり、バスや地下鉄に乗れなくなったりする人は多い。性器を押し付けたり、本人の意志に関わりなく体に触れたりするのは「性的な暴力」と認める人は94%に上るとの全国調査の結果も出ているが、冒頭の例を扱った判事は、肉体的、倫理的な暴力ではないと見なして男性を釈放した▼この判事に対しては現実とかけ離れた判断だと非難する声が出ており、下院には性的犯罪に対する罪を重くする法案も提出されたが、5日にはレシフェ大都市圏のバスの中でも、27歳の妊婦が23歳の男性に精液をかけられる事件が起きている。男性至上主義の中、女性が泣いたり怯えたりしなくて良くなるのはいつ? (み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《ブラジル》ナマの日本を伝える人気ユーチューバーという存在2018年6月5日 《ブラジル》ナマの日本を伝える人気ユーチューバーという存在  在日日系人を代表するユーチューバーの一人、デボラ・ハッヅさん(Deborah […]
  • コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?2019年11月1日 コーヴァスの癌で聖市市長選はどうなる?  聖市市長のブルーノ・コーヴァス氏が癌を煩っていることがわかった。まだ39歳の若さでそんな大病になること自体、かなり驚きだが、これは聖州政界、そして所属の民主社会党(PSDB)にとって、予想だにしない衝撃だったに違いない▼それは同氏が、PSDBにとって手塩にかけて育てた […]
  • スーパーエルニーニョと大災害2019年10月31日 スーパーエルニーニョと大災害  風台風15号と雨台風19号による被害が続いた日本。1日も早い復旧を願わされる中、28日にスーパーエルニーニョと地球温暖化に関する記事を読んだ▼エクアドルに近い赤道付近の海面水温が平年より高い状態が1年以上続き、世界各地で大雨や干ばつなどを引き起こすエルニーニョ現象。だが、ハワ […]
  • 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」2019年10月29日 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」 ブラジル沿岸部における史上最悪の環境破壊  想像してほしい。たとえば故郷の美しい海岸の見渡すかぎりが、真黒な原油の塊でベトベトになっている様子を…。そこでは人はもちろん、鳥もウミガメも、魚すらも汚染され、次々に健康を害していく。  8月30日に最初の原油漂着が発 […]