ホーム | コラム | 樹海 | 「俺達の川は死んだ」―先住民の悲痛な叫び

「俺達の川は死んだ」―先住民の悲痛な叫び

鉱滓が流れ込んだパラオペバ川(Vinicius Mendonça/Ibama)

鉱滓が流れ込んだパラオペバ川(Vinicius Mendonça/Ibama)

「俺達の川は死んだ」と嘆く先住民の様子を伝える29日付G1サイトの記事の一部

「俺達の川は死んだ」と嘆く先住民の様子を伝える29日付G1サイトの記事の一部

 25日に起きたミナス州ブルマジーニョの鉱滓ダム決壊の知らせは、世界中を駆け巡った▼土煙を上げながら流れる大量の汚泥が、人間や動物、建物などを容赦なくなぎ倒し、飲み込んでいく映像に、3年前のマリアーナでの事故を思い出した人も多いはずだ。だが、ブラジル国内紙やサイトで「俺達の川は死んだ」と嘆く先住民や、家族や友人を亡くしたり、血眼になって探したりしている人達の事を読むに付け、頭で理解出来ても、心と体がそこにはいないと痛感する▼件の先住民は、川底の石もはっきり見えるほど透明な川が、事故翌日から真っ赤になり、魚が大量に死ぬのを見て、先の言葉を発した。飲み水を得、沐浴をし、洗濯にも使う川の水が、得体の知れぬ汚泥で汚染され、普段なら食卓を潤す魚も、犬が食べて健康を損なわぬよう、焼き捨てているという。飲み水も食物も失った先住民の痛みや不安、死さえ覚悟したが救助された人や遺族の心の傷、家族を探す人の中で萎えていく希望などを共有しきれないのがもどかしい▼それにしても、3年前のマリアーナでの事故後の対応の遅い事! ヴァーレ社は古い手法を使ったダム19基中9基を既に廃止しているが、今回の事故は、古い手法だが危険度は低いとされたダムの廃止作業開始前(少なくとも終了前)に起きている。ダムの監査基準を厳しくする法案は一向に取り上げられず、ダム監査員の数も不足したままだ。〝少々の事〟では本気で対応する気になれない大会社や政治家の業の深さを感じる。3度目の事故発生を許し、多くの人を悲しみや苦しみ、不安に晒さぬため、現状や原因の分析や救助作業などと共に、早急な対策を願いたい。(み)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボウソナロ家の新たな「奇遇」2019年5月17日 ボウソナロ家の新たな「奇遇」  まだ大きなメディアが取り上げてはいないが、国内のSNSで密かに話題になりはじめている事態が起きている。13日、ニュース・サイトDCMはボウソナロ大統領次男のカルロス氏が、昨年の7月7日~9日にかけて、サンタカタリーナ州サンジョゼにあるガン・クラブ「38」に通っていた事 […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]
  • 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」2019年5月7日 主権回復の4月28日は、沖縄には「屈辱の日」  「皆さん、今日4月28日が何の日か知っていますか?」―講演の冒頭で、山城千秋・熊本大学教授が聴衆に質問したが、誰も答えられなかった。ブラジル沖縄移民研究塾(宮城あきら代表)が主催する第1回文化講演会「沖縄産業開発青年隊が果たした歴史的役割」が本部講堂で行われた時の一幕 […]
  • 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち2019年4月23日 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち  戦車と機関銃で言論を統制したブラジル軍事政権(1964―85年)に対し、表現の自由のためにMangaという武器をとって戦った日系の若者たちがいた。  3月17日のブラジル漫画家協会(Abrademi、佐藤フランシスコ紀行会長)が主催した同会創立35周年で顕彰された3 […]