ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年2月22日

 サンパウロ市北部サンタナのクルゼイロ・ド・スール大通の高架橋下に、等間隔ごとにコンクリートの壁による区画が建てられ、話題となっている。この高架橋は路上生活者の生活地帯としても知られていたが、今回の壁の設置は、路上生活者へ立ち退きを求め、通行人への便宜を図ることが目的のひとつとされているが、もうひとつの目的に「グラフィティ」の保護があるという。グラフィティとはニューヨークなど米国の大都市を起源にしたスプレー缶で壁などに描いた落書きアートだが、これを奨励するという。もう既にこの壁にグラフィティは描かれているが、路上アーティストには嬉しい市政か。

     ◎

 サンパウロ州地裁は17日、州都第一コマンドの首領格、ヴァンデルソン・ニウトン・デ・パウラ(通称アンジーニョ)に特別独房行きを命じた。刑務所内で携帯電話を使って司令を出していたことが確認されたため。特別独房では1日のうち22時間、他の囚人はじめ、テレビや新聞など外界との接触が一切断たれる。アンジーニョは殺人、麻薬取引、強盗、誘拐などで計688年の実刑判決を受けているが、刑務所内でも依然として影響力を持つといわれている。

     ◎

 カーニバルの特別チームのパレードまであと1週間になったが、サンパウロ市西部ヴィラ・マダレーナでは今日からブロッコのパレードが始まる。同地区のブロッコは公式に承認されたものだけで24、非公認も含めたらかなりの数に上る。近隣住民は混乱を恐れているというが、主催者たちは以前より改良された運営に自信を見せているとか。各地でカーニバルが本格化。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ=カーニバルに合わせて客船も続々到着=マウアー広場に停泊しリオを楽しむ乗客2017年2月11日 リオ=カーニバルに合わせて客船も続々到着=マウアー広場に停泊しリオを楽しむ乗客  リオ市中心部の港湾地区にあり、リオ五輪のパブリック・ビューイング会場としても大いに賑わったマウアー広場に程近いマウアー埠頭(ピエール・マウアー)に、10日から15日にかけて、あわせて2万人以上の旅行者を乗せたトランスアトランチコ社の大型客船7隻が到着する。  3隻は長距 […]
  • 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(34)2016年7月27日 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(34) 第14章  店主となって 戦後、リオのドゥッケ・デ・カシアス町でも、ブラジルの軍部の守護神ルイス・アルヴェス・デ・シルヴァに敬意を表して賑わっていた。特に一九六一年にペトロブラス社の製油所ができてからは、大規模な労働者の雇用があり、地域の住民を正社員として雇用していたので、ドゥ […]
  • 東西南北2018年9月22日 東西南北  21日、ジャイール・ボウソナロ氏は入院先のサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院からビデオ・メッセージを送り、「体調はかなり良くなった。今月中には退院できそうだ」と語った。今はちょうど、本日付で報じたように、同氏の経済スタッフのパウロ・ゲデス氏のCPMF再導入の疑惑によ […]
  • 東西南北2018年9月14日 東西南北  「大統領選と知事選には注目が行くけど、連邦議員選や州議員選になると、ちょっと…」という人は少なくない。下議や上議、州議の場合、候補者に関する情報や伝達手段も少ないからなおさらだ。12日付現地紙によると、サンパウロ州議選では、長期在任議員が引き続き再選を狙うケースが多いという。 […]
  • 東西南北2018年9月12日 東西南北  ここ数年間、政局が非常に読みにくいブラジル。ここ数日の動きは、とりわけ、国外から予想するのが難しかったのではないだろうか。普通、「支持率で1位の大統領候補が刺傷すれば、支持率は当選に向かって一気に跳ね上がる」と予想するのは自然だ。だが、その前後に何があり、それに対して国民がど […]