ホーム | 日系社会ニュース | パナソニック=長期的視野で「覚悟の船出」=洗濯機生産ラインを始業=MG州のエストレマ工場=高性能とエコロジー売りに

パナソニック=長期的視野で「覚悟の船出」=洗濯機生産ラインを始業=MG州のエストレマ工場=高性能とエコロジー売りに

ニッケイ新聞 2014年2月25日
新たに展開する洗濯機事業。好調の冷蔵庫に続き期待がかかる(提供写真)

新たに展開する洗濯機事業。好調の冷蔵庫に続き期待がかかる(提供写真)

日本電機メーカー「パナソニック」の現地法人パナソニック・ド・ブラジル(村上廣高社長)が21日、ミナス・ジェライス州南端のエストレマ工場で、新事業旗揚げとなる「洗濯機出荷式」を行った。同工場は2012年9月から冷蔵庫生産ラインを稼働していたが、この度、洗濯機も生産を開始することになり、従業員の激励を兼ねてこの記念式典が行われた。村上社長は笑顔を見せながらも「覚悟の船出」と決意を語り、洗濯機事業の参入に意気込みを見せた。

村上社長、宇治英次ラテン・アメリカ総代表ほか、日本からパナソニック・アプライアンス社の西原直也副社長、渕上英巳事業部長、エストレマ市のルイス・カルロス・ベルガミン市長、同州のアントニオ・ソアレス開発局長ら含め、140人の出席者が新たな門出を祝った。

村上社長、ベルガミン市長、宇治中南米代表

村上社長、ベルガミン市長、宇治中南米代表

生産されるのは16キロ型の標準機(1699レ)と、高性能機(1899レ)の2モデル。市場分析担当の船本崇さん(35、熊本)は「洗浄能力はともに高レベルだが、衣類が傷まないように静音かつ段階的速度に変化のある回転をするのが上位モデルの特徴」と説明した。

従業員36人が約70メートルのラインで、1日100台を生産する。台車によるセル生産方式で部品加工、取り付け、組み立て、梱包まで世界共通の行程となる。

冷蔵庫部門の現場代表者である川畑裕樹さん(44、奈良)が補足説明し、「最大で日産250台まで伸ばせる余力がある。スピード、技術を磨くと同時に、発注数を伸ばしていきたい」と抱負を語った。

その後の会見には村上社長らが出席。ブラジルでの市場展開には、遅延する手続きやデモなど不確定なリスクも高まるが、「事業拡大は短期的なでなく、長期的な視野をもってのこと。市場の大きさはやはり魅力で、覚悟をもって一致団結したい」と強調した。

洗濯機生産ラインは当初、13年5月の始業を予定していたが(12年9月14日付既報)「各種機材の搬入に手間取ったが、冷蔵庫事業が好調でそちらを優先させたことも理由の一つ」と前向きな要因を明かし、「労働力確保に市政の協力があった。地域に貢献したい」と行政との良好な協力関係も示した。

同席したセルゲイ・エポフ白物製品部長は、「毛布などの大物を洗える大容量で高い洗浄能力を持ち、かつ節電・節水のエコロジーという点で差別化を図った」と強みを説明し、「白物家電では後発だが、最大の長所である省エネ技術によるオンリーワンを押し出したい。中南米に向けた輸出拠点になれば」と抱負を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 遠藤氏と奥村社長2014年3月25日 南米安田保険、遠藤氏帰任=元交流協会生 奥村氏が社長に ニッケイ新聞 2014年3月25日 損害保険ジャパングループ・南米安田保険株式会社の元取締役社長・遠藤秀憲氏(54、千葉)が、4月1日を持って帰任する。18日、奥村幹夫・現取締役社長(48、埼玉)とともに本紙に挨拶に訪れた。 半年間の語学研修の期間も含めると、3年8カ月当地 […]
  • 同社本部で、黒子さん(左)と松永さん2014年3月27日 三菱商事 松永氏が社長に就任=黒子氏は関西支社副社長に ニッケイ新聞 2014年3月27日 ブラジル三菱商事の取締社長に昨年就任した黒子多加志氏(54、東京)が、日本側の急な欠員に伴い退任したため、松永愛一郎氏(51、岡山)が新社長に就任した。黒子氏は帰国後、関西支社の副社長およびエネルギー事業部長を担う。 エネルギー関係の専門 […]
  • 左から兵庫県人会の尾西貞夫会長、小林、突々、多田、中野さん2014年2月25日 兵庫県、海苔輸出に本腰=JF兵庫漁連から来伯=試食会でも手ごたえ ニッケイ新聞 2014年2月25日 全国1、2位を争う海苔の産地・兵庫県が、海苔のブラジル輸出を本格的に検討している。 県内の海苔流通を統括する兵庫県漁業共同組合連合会(JF兵庫漁連)から突々淳参事、多田義治顧問、小林豊弘・のり海藻事業本部次長、中小企業診断士の中野正也さん […]
  • 左から鈴木、島田さん2014年3月19日 商議所昼食会=過去最多170人が出席=パ国商工相講演、総会も ニッケイ新聞 2014年3月19日 ブラジル日本商工会議所(藤井晋介会頭)の3月定例昼食会が14日、サンパウロ市ホテルで行われた。史上最多の170人が出席した。 独自のプログラムで人材開発を行う「コーチ・エィ」取締役社長鈴木義幸氏(47)、千葉商科大学の島田晴雄学長(71) […]