ホーム | 日系社会ニュース | さんしんの日に約3百人=民謡師範、上達を実感

さんしんの日に約3百人=民謡師範、上達を実感

ニッケイ新聞 2014年3月14日
琉球民謡保存会「ニセーター」の演奏

琉球民謡保存会「ニセーター」の演奏

沖縄芸能イベント『第9回さんしんの日』が2日、沖縄県人会館で開かれ、約300人が来場した。野村流音楽協会、野村流古典音楽保存会、琉球民謡協会、琉球民謡保存会の各ブラジル支部の共催。

首里城が大きく描かれた舞台で、古典、民謡、太鼓あわせて19演目が披露された。作田節など古典から、てんさぐぬの花、歌の泉やパラダイスうるま島などの民謡で踊りも披露、エイサー太鼓など幅広い演目で参加者たちを楽しませた。

琉球民謡保存会ブラジル支部米須正師範(62)は「古典も民謡も去年より上手くなっている。来年はもっと良いものにしたい」と、成功を喜んだ。

2階の休憩スペースでは、沖縄そばや焼きそばが楽しめ、沖縄の伝統料理も体験できると来場者に好評だった。

知念直義実行委員長(72)は、「今回はカーニバルの日程と重なってしまい苦労した点もあったが、多くの人が集まって親睦を深めることができた。ここが初舞台となる子もいるので大事にしていきたい」と語り、「来年は節目の10周年。若者の新しいアイデアをどんどん入れて、多くの人に楽しんでもらえるものにしたい」と次回への意気込みを見せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ2018年1月10日 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ  「武本文学賞」というのは、日系社会の文学活動を創立時からささえてきた武本由夫(1983年逝去)を顕彰して設置されたものである。83年に募集され第一回発表が1984年発行の「ブラジル日系文学15号」誌上、その後35年間継続されてきている。  そして2015年には創刊5 […]
  • コラム 樹海2014年3月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月22日  南マットグロッソ州都カンポグランデ市を訪れた。今年、日本人入植から100年を迎え、カンポグランデを通って入植が始まったボリビア・オキナワ移住地も60周年の節目。母県からの慶祝団の訪問もあることから、お互いの行き来も今後あるようだ。市の無形 […]
  • 大耳小耳2014年3月1日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月1日  支援委員会は特設サイトに掲載する、広告スポンサーも募集している。サイトは7月までの公開で一区画600レ。問い合わせは文協(11・3208・1755)、援協(同・3274・6484)、県連(同・3277・6108)のいずれか。この安価な値段に […]
  • お遍路の本をポ語で刊行=『No Caminho de Shikoku』=知られざる日本文化を紹介=二世の金子パウロさん=バイーアから四国、和歌山へ2014年1月1日 お遍路の本をポ語で刊行=『No Caminho de Shikoku』=知られざる日本文化を紹介=二世の金子パウロさん=バイーアから四国、和歌山へ 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  「ブラジル人にとっては未知の情報。誰も知らなかった日本文化だと思う」。54日間をかけて四国八十八カ所、1200キロを歩いて回った記録をポ語でまとめた『Mais de 88 razoes para peregrinar No […]
  • 2014年1月1日 サッカーW杯特別企画=こんなにあるぞ! 日本人向け宿=日本語通じる宿泊施設紹介 新年号  いよいよ新年6月にW杯が開催され、2年後にはリオ五輪も控えている。ブラジルの表玄関とも言えるサンパウロ州には、多くの日本人旅行者が訪れることは間違いない。サンパウロ市の県人会には、すでに宿泊地や受け入れ先の問い合わせが続々とあるという。そんな日本人観光客の心強い […]