ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年3月27日

 26日付フォーリャ紙に、高齢の女性が病院の床の上に横たわった状態で診察を受けるというショッキングな写真が掲載された。これはサンパウロ市南部の州立ジェラル・デ・ペドレイラ病院で20日に撮影されたもので、女性はリタ・アレッシャンドレ・ダ・シウヴァさん(87)。撮影した娘のマリアさんによると、リタさんは便秘に伴う腹痛で同病院を訪れていたが、朝9時44分から4時間待たされた末、ベッドもない部屋の床に横たわって、腸洗浄の処置を受けたという。その後も15分待ったが、検査結果が出るのは午後9時と聞き、母親を自宅に連れ帰り、翌日、別の病院に連れて行った。設備の不備以前に真心の問題か。

     ◎

 21日、大サンパウロ市圏サントアンドレで、ジョセファ・マルチンス・ゴメスさん(77)の殺害容疑で夫のエンリケ・ゴメス容疑者(78)が逮捕された。ジョセファさんはアルツハイマーの末期症状を患っており、その様子をエンリケ容疑者は「見ていられない」としてナイフで刺殺した模様。この事件は同容疑者が息子にまず知らせ、涙ながらに「彼女の苦しみはもう終わったんだ」と語ったという。今後どういう司法判断となるか。

     ◎

 サンパウロ州保安局が2月の犯罪件数を25日に発表したが、州内での強盗件数は9カ月連続で上昇し、2月では2001年以来の高い数字となった。特にサンパウロ市では前年同月比で47・47%増となり、州平均の37・2%を大きく上回った。サンパウロ市内で最も殺人が多かったのは中央部セーで、カンポ・リンポ(南西部)とカンポス・エリーゼオス(中央部)が続いている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • ■今週末の催し2018年8月2日 ■今週末の催し  4日(土曜日)  青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)      ◎  サンパウロ倫理法人会モーニンセミナー、午前8時半ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425, […]
  • ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」2017年7月18日 ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」  創立50周年を迎えたブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)主催による「慶祝日本民謡親善公式訪問団ブラジル公演」が、16日午前9時からブラジル日本文化福祉協会大講堂(R. Sao Joaquim, […]
  • ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選2016年10月27日 ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎信濃村のポルトガル人煙草干す鳩車に似て葦舟や湖は春アリアンサの鳳梨も供え念腹忌睦みつつ濁流越えて行きし蝶富士の絵の額の後に守宮棲む […]
  • ニッケイ俳壇(911)=富重久子 選2016年10月20日 ニッケイ俳壇(911)=富重久子 選 スザノ           畠山てるえ 薪を焚く観光列車竹の秋 吐く煙後へ後へと花マナカ マリアフマッサ老幼嬉々と山笑ふ 列車行く町に郊外黄イッペー 浮雲の空にひと掃き竹の秋 【「薪を焚く」観光列車があるとは聴いているが、残念ながらまだ乗ったことは無い。昔窓を開ける […]