ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年4月11日

 移民の多くは人並み以上に税金を支払い、市政に相当詳しく、意見も持っている資本主義的には立派な〃市民〃だ。でもブラジル籍がないために民主主義の根本たる投票には参加できない不遇な〃国民〃ともいえる。でも先月30日、当地にきて初の投票体験をした。日本への在外投票でなく、当地の政治へのそれだ▼市民参加型評議会(本日7面に詳細)の外国人住民部門が設けられて選挙が実施され、サンパウロ市人口約1132万人(32区)のうち、外国人住民が人口の0・5%以上を占める19区から今回20人の代表が選ばれた▼全49人の立候補者のうち新来移民が多いセー区は最激戦区で、立候補者は11人を数えた。当日は1710人が投票し、セー区で唯一の日本人、小川朝彦(55、宮崎)候補は残念ながら落選し、補欠2位に終わった▼彼の祖父小嶋政一郎さんは宮崎県延岡市の小中高校の教諭、校長を歴任し、1957年から4年間滞伯し、リンスの日本語学校などで教えた人格者として知られる▼そぼ降るガロアの中、投票会場はボリビア人、中国人、アフリカ系住民でいっぱいで、セー区1位はセネガル人、2位は中国人と新来者が占めた。106年目を迎える日系はすでに旧来移民だと痛感した▼小川さんは当初、中国人候補とシャッパ(連記名簿)を組もうかと考えたとか。日中が〃共同戦線〃とは当地ならではの興味深いあり方だ。しかも小川票中、アフリカ系キリスト教会の神父が彼の友達でその黒人信者約30人が投票してくれたとか▼いずれ外国人住民が本当の市政選挙に参加するための前段階的取り組みとして期待し、歓迎したい。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ2019年2月1日 なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ  現在、アラブ首長国連邦で開催されているサッカーのAFCアジア・カップ。今回のトーナメントで日本代表は大活躍し、今日1日ブラジリア時間の正午にカタールと優勝をかけて決勝を戦うが、これは南米サッカー界にとっても思わぬうれしい結果となった▼なぜなら、6月に行なわれる、サッカ […]
  • 《ブラジル》日系出版界の縁の下の力持ちが初めて自分の本2017年12月6日 《ブラジル》日系出版界の縁の下の力持ちが初めて自分の本  「画文集を出すなんて、初めてで最後だな」と謙遜しながら、恥ずかしそうにほほ笑むのは田中慎二さん(82、福岡県)。この『アンデスの風』(146頁)は、1950年代のスケッチから新聞の風刺画、本の表紙やイラスト、最近のアクリル画まで200点以上が網羅された「作品で見る自伝 […]
  • 「ツイてる滑り出し」はどこまで続く?2019年1月18日 「ツイてる滑り出し」はどこまで続く?  ボウソナロ氏の大統領就任から2週間が過ぎた。この間は、同氏の政治家人生の中でも最高の2週間だったのではないかと思われる▼ひとつは、年が明けてから続くドル安と株価の上昇だ。これには「左派でない大統領がついた」という市場の安堵感があることと、パウロ・ゲデス経済相が打ち出し […]
  • 《ブラジル》公立学校の外国人児童に自閉症が多い?2017年3月31日 《ブラジル》公立学校の外国人児童に自閉症が多い?  エスタード紙3月19日付《教室の中の移住、自閉症ではない》との記事を読んでいて、なんだか胸が苦しくなった。ここ5年でサンパウロ市内の公立学校への外国人児童の編入が急激に増え、彼らが教室で「シン」と「タ・ボン」しか言わず、試験も零点を連発しているという▼市立小中学校では […]
  • 《ブラジル》オダギリジョー主演で『革命の侍』映画化2017年4月11日 《ブラジル》オダギリジョー主演で『革命の侍』映画化  キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの戦友としてボリビア山中で政府軍と戦って亡くなった唯一の日系人、前村フレディ(ボリビア二世、1941―67)の話を2012年2月に連載『ゲバラと共に戦った前村=ブラジル親族と再会したボリビア子孫』として紹介した▼フレディの姉マリーさんとその息 […]