ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年4月16日

 在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃子事件があったとか。「ブラジルには自分の希望できたから」と赴任地の〃大事件ジンクス〃を否定する梅田氏だが、工事遅延にW杯反対抗議行動など、すでに不穏因子が山のよう?!

群馬県大泉町は、ブラジルからデカセギで渡日した人たちが集住し、日本ではブラジルタウンと知られる。ブラジル人の減少に伴い、かつての活気を失ったかと思われたが、「ブラジル」を売りに観光を盛り上げている。この夏、日伯協働まち映画「サンゴーヨン★サッカー」が製作され、ブラジルとの縁を地域PRに活かすのだとか。日本のなかでここほど、ブラジル人在住者を地域の活性に取り入れるところはない。製作過程は、サイトで追うことができる。www.facebook.com/354soccer?fref=photo

サンマ入荷に伴い19日の青葉祭に、サンマ定食がメニューに加わった。久しくなかったこの機会にぜひ。また季節が移ろい、冷やし中華に代わってイカ入り焼きそばの提供も開始する。4連休の週末に行ってみてはいかが? 問い合わせは会場の宮城県人会(11・3209・3265)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか2010年6月26日 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか ニッケイ新聞 2010年6月26日付け  「ブラジル人はW杯の時だけ愛国者だが、ドイツ人はサッカーでしか愛国心を公にできない」という有名な言葉がある。これはサッカーとナショナリズム(国粋主義)の緊密な関係を端的に示した言葉だ。その意味で、日本の日本人はドイツ人に近いが、日 […]
  • コロニア10大ニュース2004年12月28日 コロニア10大ニュース 12月28日(火)  記憶に残る首相伯=日伯センター建設問題も ニッケイ新聞社は年末恒例のコロニア十大ニュースを選んだ。一年間様々な出来事を取材し続けた編集部が、コロニアにまつわるニュースから選び出した。やはり、八年ぶりにブラジルを訪れ、コロニアとも積極的に交流を持 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」2018年11月14日 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」  ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)の創立60周年記念式典(小山田祥雄実行委員長)が、サンパウロ市の同会館で4日に開催され、母県からは小野泰輔副知事、森浩二県議会副議長、松田三郎県議、植松浩二熊本市副市長、田辺正信(まさのぶ)同市副議長らを始め、熊本日伯協会( […]