ホーム | 日系社会ニュース | 日産=リオに南米初の自社工場=投資総額は1184億円=年産20万台の生産能力=16年までに市場の5%目指す

日産=リオに南米初の自社工場=投資総額は1184億円=年産20万台の生産能力=16年までに市場の5%目指す

ニッケイ新聞 2014年4月18日

開所式であいさつするカルロス・ゴーン社長(共同通信)

開所式であいさつするカルロス・ゴーン社長(共同通信)

日産自動車株式会社(本社=神奈川県横浜市、カルロス・ゴーン社長)がリオ・デ・ジャネイロ州レゼンデ市に、南米初となる生産工場を建設し、15日に開所式を行った。総投資額は26億レアル(約1184億円)。同社の広報資料によれば、今回の投資は「ブラジルにおける最大の自動車関連投資の一つ」。現在メキシコからの輸入に頼る小型車「新型マーチ」などの生産から始め、2016年までにブラジル市場シェアを2%から5%まで拡大、当地におけるトップメーカーを目指す。共同通信など日本の各紙が報じた。

BRICs諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国)における事業強化戦略の一環として、当地では02年から、提携する仏ルノーのクリチーバ工場(年間5万9千台)で生産を行っていた。自社工場は今回が南米初となる。イタグアイ、リオの2港に近く、アクセスの利便性が高いことから同市が選ばれた。
敷地面積は305万平方米で、部品生産から車両組立までを行う。商品性能を試験するテストコースなど自動車生産の全ての工程も完備。年間生産能力は車両20万台、エンジン20万基。国内市場向けに、軽量で低コストなVプラットフォーム車両を生産する。
現在の従業員数は約1500人だが、総勢2千人にまで増える見込みという。16年までに部品の現地化率も60%から80%への拡大を図る。
開所式でゴーン社長は、「国民一人当たりの車両台数はアメリカの3分の1。まだ成長の余地がある」とあいさつ。ブラジル日産のフランソア・ドッサ社長も、「新工場は、2000年にブラジルで事業を開始した日産のプレゼンス(存在感)を強固なものとする」と重要性を強調した。
日産は16年に開催されるリオ五輪およびパラリンピックの公式スポンサーで、資金拠出のほか、選手や大会関係者らにクリーンエネルギー車を中心とした車両約4500台を供給する予定という。大型イベントでしっかりブランドアピール、市場シェアの引き上げを図る見通しだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • ブラジル三井住友保険=進出50周年、450人が祝う=柄澤本社社長「まだ成長の余地ある」2015年10月23日 ブラジル三井住友保険=進出50周年、450人が祝う=柄澤本社社長「まだ成長の余地ある」  三井住友海上火災保険のブラジル上陸50周年を記念したカクテルパーティーが21日夜、開催された。原敬一ブラジル三井住友海上火災保険代表取締役、アメリカ三井住友海上火災保険の兼好克彦会長、梅田邦夫駐伯日本国大使、ブラジル保険会社協会ホッシー・マルコ会長など関係者ら約450人が出席 […]
  • 商議所=業種別部会長シンポ=「潮目に乗り遅れないで」=回復予測前倒しの業界も2016年8月27日 商議所=業種別部会長シンポ=「潮目に乗り遅れないで」=回復予測前倒しの業界も  「リオ五輪を高いレベルで運営をやり遂げ、ブラジルの底力を世界に発信した。ブラジルは今、潮目、変わり目と捉えている。乗り遅れないようこの機会にしっかり現状認識を」―25日午後、サンパウロ市内ホテルで開催されたブラジル日本商工会議所の総務・企画委員会(大久保敦委員長)主催の業 […]
  • 日本館=文化展示会を初開催=日産と文協が強力タッグ=工芸、盆栽、生け花3本立て2016年1月16日 日本館=文化展示会を初開催=日産と文協が強力タッグ=工芸、盆栽、生け花3本立て  自動車メーカー大手の日産から支援を受け、ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が21日から、サンパウロ市イビラプエラ公園内の日本館で『日本文化展示会』を行なう。25日のサンパウロ市誕生記念日をはさんで来月末までの開催中で、工芸や盆栽、生け花といった展示品が来場者を迎える。  […]
  • 商議所部会長シンポ=下期も引き続き苦戦続く=自動車部門は好調2015年9月4日 商議所部会長シンポ=下期も引き続き苦戦続く=自動車部門は好調  ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)は2015年度『下期業種別部会長シンポジウム』を20日、サンパウロ市内ホテルで「必ず復活!ブラジル経済―日系企業はどう立ち向かうのか―」を副題に開催し、約180人が参加した。各11業種の代表者から前期の振り返りと下期以降への展望が語られた […]