ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年4月18日

 当地の美容院でシャンプーすると、水が顔に飛ぶわ、首に入るわ、手つきは荒っぽいわでリラックスできたものではない。一方、美容院「Domi」では、店主自慢のシャンプー台のおかげもあって居眠りしたくなる心地よさ。ロングヘアのカットで230レはやはり高いといわざるを得ないが、土日祝日も営業、時間外対応もOKというサロンはかなり珍しい。「日本を体験できる特別料金」と思えば払う価値はあり?

東京支局時代は相撲を担当していたというNHKの原口記者。現在はモンゴル勢に横綱の座が独占され、欧州やエジプト出身の関取も存在する角界だが、原口さんによれば、1部屋1人という外国人枠が存在するという。国際的広がりに応じ争いも激しく、ブラジル出身力士の誕生に足かせとなっているようだ。またサンパウロ市出身の魁聖については、「人懐っこく人気がある。成績に少しムラがあるかな」と評した。

朝自宅でカフェが飲めないとき、パダリア(パン屋)に駆け込み、カフェとポン・ナ・シャパ(バターを塗ってあたためたパン)を注文する。周囲の注文を聞いていると、「パパイヤとバナナのビタミナ砂糖なしで」とか、「ぬるいカフェ」とかそれぞれに細かな注文をする人が多い。メニューにはないと、断られることはあまりないようだ。ただ、昼食であまり食欲がないとき、「米とフェイジョン抜きで」と頼んでも割引はない。いくつかのバールで頼んみたが同じことだった。臨機応変さ(いい加減さ?)が身上だが、頑なに守る部分もあるようで、バールに見るブラジル人の性質が面白い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年11月23日 大耳小耳  ブラジル高知県人会は今週の日曜日に、フェイジョアーダの食べ放題が楽しめる「フェイジョアーダの日」を開催する。日系社会でよく言われるのが「日系団体の婦人部が作る日本食は、家庭的で日本料理店に勝るくらいおいしい」ということ。彼女らの料理は慣れ親しんだ「おふくろの味」。今回は日本食 […]
  • 大耳小耳2019年10月15日 大耳小耳  ブラジル生活必携の書『楽々サンパウロ』の最新刊(19―20年版、コジロー出版、228ページ、110レアル)が発売された。サンパウロ市のフェイラ、レストラン、観光情報から、医療や住居など生活インフラに関するものまでに役立つ情報が満載。サンパウロ市の日系書店などで販売中。郵送での […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯してブラジル中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこ […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]