ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年4月23日

 数十レアルから果ては2千レもするパスコアの卵だが、中には「手巻き風パスコア卵」なるものも。「chocolateira」などのレシピサイトで紹介されており、もしや「手巻きの中身がチョコレート?」と思いきや、単に手巻きの形をしたチョコレートだった。まあ、手巻き寿司がそれだけ当地に親しまれている証拠だろうと納得したのだが、「中国料理の好きな人に是非お勧め」という説明は、間違ってない?

今年の『日本民謡ブラジル大会』には、15歳以下の少年少女も25人が出場する。日本本部に合わせる形で、小学生・中学生の部に分かれ優勝を競う。また青年部の東日本大震災復興支援演奏は10人を越える演奏で、三味線にギターなどの洋楽器も交えて披露するという。塩野会長は「若者が活躍できる場を多く与えたい」と後進育成に配慮を重ね、民謡協会の明るい未来に向けて気配りに余念がないようだ。

マデイラ川の歴史的増水。周辺住民の心配事は物資不足、物価高騰だけではない。声を揃えるのは「国道から全ての水が引いても、車両往来の完全復旧はおそらく見込めない」。つまり「60トン級のトレーラーが、冠水時に無理やり通行したことで地盤が緩々。交通量が元通りになったら、今度は地盤沈下が起きる」という見解だ。「数週間後には下流地域にも同じことが起きるのでは」といった予測もあり、予断をゆるさない状況のようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2015年2月14日 大耳小耳  山形県人会の総会に出席した、サンパウロ州タウバテ在住の海藤司理事。海藤三味線教室の代表を務める同氏は、レシフェ領事事務所の依頼により、同地で外交120周年事業の邦楽公演を行なった。「レシフェはもう3度目で今回も盛況だった。海沿いの町は大体行ったよ」と、精力的に活動している […]
  • 大耳小耳2014年7月5日 大耳小耳  日本都市計画学会で国際交流賞を受賞した中村矗さんはその後、出身地の兵庫県を訪れ、井戸敏三県知事に報告した。今年3月に刊行された服部圭郎氏著『ブラジルの環境都市を創った日本人―中村ひとし物語』を贈呈したところ、井戸知事からも刊行された自身の随筆集を贈られたそう。お互いにサイ […]
  • 大耳小耳2012年2月11日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年2月11日付け  長崎県人会が昨年6月に開催した『ちゃんぽん祭り』には会員74人が手伝いに参加、一昨年に再結成された婦人部が […]
  • 大耳小耳2014年6月28日 大耳小耳  「富士山写真展」はオザスコの日本祭りでも好評を博し、県連日本祭りの後も、レジストロ平和灯篭流しを含め、すでに幾つかで巡回展が準備されている。霊峰富士の雄姿を各地の祭り会場で見ることも可能。巡回展の希望団体は編集部(11・3340・6060=堀江)まで。     ◎ 「憩の […]
  • 大耳小耳2014年7月2日 大耳小耳  静岡サッカー協会の竹山理事は「(日本代表メンバーに)一昔前は三浦知良を始め中山雅史、名波浩、藤田俊哉…静岡出身が半分なんてこともあったんだよ」と静岡県勢減少を残念がる。今大会は内田篤人(函南町)、長谷部誠(藤枝市)の2選手だけ。全国的にレベルの底上げがなされてきた証でもあ […]