ホーム | 連載 | 2014年 | 島流し物語=監獄島アンシェッタ抑留記=特別寄稿=日高徳一 | 島流し物語=監獄島アンシェッタ抑留記=特別寄稿=日高徳一=(13)=あっけない「ジャポネスの勝利」=弁護士による釈放働きかけ

島流し物語=監獄島アンシェッタ抑留記=特別寄稿=日高徳一=(13)=あっけない「ジャポネスの勝利」=弁護士による釈放働きかけ

根来良太郎(山村保生さん所蔵)

根来良太郎(山村保生さん所蔵)

 次は泉沢君の出番。先鋒が凄いところを見せたので勢いづいたのか、悠々と現れ、相撲の四股を踏み、柏手を打って、日本語で「サーア来い」と云った。だが相手が出て来ない。いくら待っても現れない。審判が「ジャポネスの勝利」と宣言して終わった。
 先生達の話だと、「あの一撃をうけたら普通の者なら一巻の終わりであったが、獣の様な奴だから気絶した位で済んだのだ」と話して居られた。

釈放運動と聯盟の解散

 人各々思いが異なるので一概には云えないが、國を愛し信じて生きてきたのである。身に覚えのない疑いをかけられ拘引され、拷問や踏絵などにも堪え、信念を曲げなかったばかりに島にまで連れて来られた人達の中には、本人は勿論、留守家族の人達も日が経つに従って、父や兄弟が島流しになる様な大罪を犯したのだと冷たく見られる様になった。そのため弁護士に依頼したり、認識する書類に署名する様な運動が外部から持ちこまれ、島の内でゴタゴタが始まる様になった。その問題は我々には関係のない事であったので、余りくわしくは知らぬが、大体次の様であった。
 2号室は地方の聯盟の主だった人が多く、たとえばアサイの谷田才次郎氏、ルッセリアの河島作藏氏父子3名、ミランドポリスの和気幹治氏達のほか20名程は釈放運動が始まった頃、「祖国を信じているだけの者を島にまで連れて来ておりながら、弁護士を入れてこちらの方から『許してくれ』はないであろう。向こうから『出て下さい』と云って来るのが当たり前だ」と笑いとばして居られた様だった。

川畑三郎(山村保生さん所蔵)

川畑三郎(山村保生さん所蔵)

 外部からの釈放運動は、島にも来て居られた吉迫紋悟氏の経営されていたホテル・クルゼイロを拠点とする「クルゼイロ組」と呼ばれていた連中が盛んに動いていた様であった。個人で弁護士を入れて居る方もあった。
 何時までも罪のない者を地方の牢獄や島に繋いでおく事もできず、当局は困っていたのであろう。釈放する時期を見ていた時、弁護士は職業上、その事を関知して居て一儲けを企んでいたのではないかと思いたくなる。その様に勘繰るのも、費用をかけ弁護士を入れた者も、その様な動きを相手にしなかったルッセリア、パラナ、ノロエステの一部の方も、結局は「釈放運動組」と前後して島から出てゆかれたからだ。
 我々が決行する前、働かせて下さったり、お世話になった方も島に来て居られたが、その方達も釈放になられたのが何よりであった。
 あの時動ぜずに口車に乗らなかったら、或いはもっと早い時期に釈放になっていたかも知れなかった―と時が経つにつれてその思いが強くなる。釈放

運動によって、結束の固かった団体は弱体化して来て、吉川理事長の病状の悪化でサンパウロの病院に移られた後と思うが、聯盟の解散宣言があり、釈放運動と重なり分裂してしまったのである。
 そのあと根来良太郎などが聯盟を再編された様だが、長くは続かなかったと聞いた。
 分裂した連中が川端三郎の『昭和新聞』、他の人が『中外新聞』を作った。川端三郎、吾妻優樹の二人は入牢された事はない者で、聯盟の創立当時の幹部は地方の牢、主な人は島に送られたのである。
 島の様子やその時の生活振りを思い出しながら綴ったのであるが、何様変動の多かった70年前の事を聞き糺す相手はなく、主だった出来事を、消えかかった記憶を振りおこして纏めたのである。(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロニア語考=移民の知恵=中田みちよ=(4)2019年1月9日 コロニア語考=移民の知恵=中田みちよ=(4)  選集②を編集した清谷益次はこう解説しています。 「この時期は古い移民(準二世など)が、創作に勢いだった時代でもある。彼らの小説を書こうとする意識の底には自らが経てきた理不尽(自分意志によらず運び込まれた環境とそこで余儀なくされた生活)な道程を何者かに向かって訴えたい […]
  • 日伯友好病院創立30周年祝う=援協の大黒柱、優良医療機関に=経済誌で全伯2位の高評価2018年9月27日 日伯友好病院創立30周年祝う=援協の大黒柱、優良医療機関に=経済誌で全伯2位の高評価  戦後移民が最盛期を迎えた1959年、移住者受入援護のために創設されたサンパウロ日伯援護協会(旧、日本移民援護協会)は、創立以来、その時々の社会的要請に応えながら、福祉医療部門併せて12事業所を有する日系社会最大の団体に成長してきた。その財政運営を支える大黒柱が日伯友好 […]
  • コロニア語考=移民の知恵=中田みちよ=(3)2019年1月8日 コロニア語考=移民の知恵=中田みちよ=(3)  つぎに全選集中、複数回使用されているコロニア語を挙げると、 *食事・炊事・飲み物に関するもの アルモッソ、コジーニャ、ジャンタール、トマカフェー、メーザ、 ファッカ、レイテ、ピンガ、 *作業・道具に関するもの エンシャーダ、トラトール、サッコ、カマラーダ、コ […]
  • 高機能素材で寝具市場に進出=一般向け、医療用を展開2018年2月1日 高機能素材で寝具市場に進出=一般向け、医療用を展開  マットレスやクッションなどの製造・販売を行う株式会社シーエンジ(高岡伸行代表、愛知県)は、独自の高機能素材の優位性を生かして、ブラジル市場に挑戦する。医療用製品は、パラマウントベッドブラジル社(土屋功(いさお)取締役社長)が代理で販売し、12月以降に一般向けに製造開始 […]
  • 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(20)=地の果てが「フロンテイラ」に2017年5月5日 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(20)=地の果てが「フロンテイラ」に  門脇道雄さんはしみじみいう。「父はよく、こう言ったものです。『ロンドニアにまっすぐ来たが、それでよかった』と。昔は皆、まずサンパウロやパラナを目指した。だけど、時代はまわり巡って、今では彼らやその子孫が、ロンドニアを目指すようになった。『自分たちは最初からここを目指し […]