ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ市でビオフェア開催中=有機・自然商品いろいろ
高岡の農場責任者、デニスさん
高岡の農場責任者、デニスさん

サンパウロ市でビオフェア開催中=有機・自然商品いろいろ

 環境に配慮した安心・安全な商品を求める消費者の声の高まりを受け、今年も4日から4日間、アグロエコロジーとオーガニック商品を扱う国内唯一の見本市『ビオ・ブラジル・フェア』『ラテン・アメリカBIOFACH』がイビラプエラ公園内ビエナーレ館で始まった。10回目。

8年前から日本でも販売中の「SOB」。廃材等を利用してバッグ、靴等を制作している。写真は創業者のオリヴァン・パヴァンさん

8年前から日本でも販売中の「SOB」。廃材等を利用してバッグ、靴等を制作している。写真は創業者のオリヴァン・パヴァンさん

 化粧品、栄養食品、健康食品など自然商品を扱う「NATURAL TEC」も同時開催。約220の企業が野菜、果物、ジャム、ハチミツ、パン、ビーガン(植物由来)食品、飲料など食品をはじめ、衣類、洗剤、赤ちゃん用品など多彩な商品を出展する。生産・製造業者が卸販売をするため、通常より安価で購入できる。業界の傾向をチェックするのにも最適なフェイラだ。来場見込みは2万2千人。一般人も入場可。

 トラックの廃材などリサイクル素材でバッグや靴を製造する「SOB」の創始者オリヴァン・パヴァンさんは、「意識の高い消費者が増えてきて、手ごたえを感じる。8年ほど前から日本にも輸出しているが、向こうでも反響が良くてリピートして頂いている」と笑顔。

 有機食品の「高岡」は、イアラス市の農場で生産した果物やとうもろこしを中心に出展。持続可能な都市建設「アルファービレ」の創設者、故・高岡庸次郎氏の長男マルセロさんが経営する「タカオカ・グループ」の一事業だ。コストと時間がかかることから、市場にあまり出回っていない果物に力を入れている。
 農場管理者のデニス・コラッツァ・デ・アルメイダさん(38)によれば、元々同農場で営んでいた大豆栽培や畜産業が、外注によるサトウキビ栽培に取って替わったため、農家に新たな職を提供するため有機農業を取り入れた。
 今回は鮮度の長持ちする新パッケージも紹介。デニスさんは「従来のパッケージだと食品が一週間程度しか日持ちしないが、新パッケージだと15~20日も日持ちする。電子レンジでも直接使える」とアピールした。

「日本に行ってみたい」と語るNaturelle販売員の玉城さん

「日本に行ってみたい」と語るNaturelle販売員の玉城さん

 2年半前に設立した国内初のオーガニック・アイスクリームメーカー「La Naturelle」は、アサイー、マラクジャなど果物味6種とポウパ(ミキサーで水と混ぜるジュースの素)を販売。創業者の一人は、冷凍食品を専門とする沖縄系二世の玉城正吉さん。
 当日は娘のルイーザさん(27、三世)が訪れ、「アイスは全て牛乳・化学添加物不使用。原料から全て、厳しい検査に通った商品です」と勧めた。

 各種フォーラムや、ベジタリアン料理フェスティバルなども開かれている。4日間とも開催時間は午前11時~午後7時まで。入場無料。入り口はイビラプエラ公園のポルトン3。

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》今年8月から来年7月までの穀物収穫予想発表=史上最高だった2年前に迫る勢い2018年10月16日 《ブラジル》今年8月から来年7月までの穀物収穫予想発表=史上最高だった2年前に迫る勢い  ブラジル国家配給公社(Conab)は11日、2018/19農年(18年8月から、19年7月末まで)の穀物総収穫高は、2億3360万トンから2億3850万トンの間になるだろうとの予測を発表した。  前年度の17/18農年の収穫高は2億2790万トンだった。  このた […]
  • ブラジル地理統計院=穀物の収量予想を下方修正=今年は昨年比6・2%減に2018年9月13日 ブラジル地理統計院=穀物の収量予想を下方修正=今年は昨年比6・2%減に  地理統計院(IBGE)が11日、今年8回目となる穀物の収量予想を発表したが、前回予想を0・4%下方修正しており、17年比では6・2%の減収となる見込みと同日付現地紙サイトが報じた。  IBGEによると、18年1月から12月の穀物、豆類、脂肪種子の生産量は、17年より […]
  • ブラジルは灌漑大国=まだ灌漑で農地化できる土地はふんだんに2017年10月3日 ブラジルは灌漑大国=まだ灌漑で農地化できる土地はふんだんに  国家水道局(ANA)の調査によると、ブラジルは地球上で最大の灌漑面積を持つ10カ国の一つである事が分かった。  国内の灌漑面積を調査し、地図に落としこんだ「アトラス灌漑(ブラジル灌漑地図)」によると、現在ブラジルの灌漑面積は695万ヘクタールだ。それらの灌漑地帯では […]
  • 《ブラジル》8月の各インフレ指数発表=7月に比べ若干の上昇2017年8月31日 《ブラジル》8月の各インフレ指数発表=7月に比べ若干の上昇  ブラジルで、賃貸不動産契約をインフレ調整する時などに使われる、総合市場物価指数(IGP―M)の8月の数値は、プラス0・1%を記録した。  この数値は、リオのジェトゥーリオ・バルガス(FGV)財団が、30日に発表したものだ。  IGP―Mは今年4月以降、7月まで、4カ月連続 […]
  • 対イラン貿易3倍増狙う=制裁解除後の関係強化求め=旧来の親イ路線アピール2016年1月20日 対イラン貿易3倍増狙う=制裁解除後の関係強化求め=旧来の親イ路線アピール  16日に発表された米国とEUの対イラン制裁解除を受けて、ブラジル政府は今後5年以内に、イランとの貿易額を3倍にする見通しを持っていると19日付フォーリャ紙が報じた。 15年の伯イ両国間貿易総額は16億7千万ドルだった。この額は、経済制裁が課される前年の11年の23億7千万ドル […]