樹海

 W杯が盛り上がりに欠けるとはいえ、ブラジル代表戦では空気が一変。やはりサッカーの国だなあ、と実感する。コロニアでも日本戦のさいは、様々なところで応援イベントが開かれ、日本代表を応援した。こちらの試合内容はあまり盛り上がるものではないが、何とか次に繋いだ。24日の対コロンビア戦はこれまで以上に応援に熱が入ることだろう▼19日のナタル戦。テレビ中継では、(ブラジル観光省発表の)日本人訪問者数を挙げ、「7千人の日本人サポーターが埋めた」と何度も触れていた。全員が行ったわけではないが、ブラジル在住者もいるから、かなりの数だ。後にも先にもナタルにこれほど日本人が集まることはあるまい。さて18日に文協であった日本移民記念法要。150人ほどが参列、しめやかに執り行われた▼移民の日がW杯開催中にあることはかなり前から分かっていた。これほどの日本人が一時期に訪伯することは100周年でもなかったことだ。日系主要団体で支援体制を作ったことは評価したいのだが、日系社会を知ってもらう取り組みがなかったのは残念だ。時間やお金をかけずとも、ブラジル日本移民史料館を無料開放するなど、やれたことはあったはず▼多くのメディアが訪れ、治安問題を中心に、デモやストを報じた。このニュースを見ている日本人は、ブラジルは危ない国と認識を強めただろう。わずかにいくつかの新聞社が、日系社会や移民の歴史について取り上げていた▼各地で日本人は、ブラジルが親日国であることを実感しただろう。それで十分かとも思うが、その背景への理解を促す何かが欲しかった。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む2019年1月8日 コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む 100年以上の歴史を持つコパ・アメリカ  6月14日から7月7日にかけて、ブラジル各地を舞台にサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)が開催される。昨年5月、南米サッカー連盟(Conmebol、以下「南米連盟」)は「2019年のコパ・アメリカには、日本とカタールが招待され […]
  • 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか2010年6月26日 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか ニッケイ新聞 2010年6月26日付け  「ブラジル人はW杯の時だけ愛国者だが、ドイツ人はサッカーでしか愛国心を公にできない」という有名な言葉がある。これはサッカーとナショナリズム(国粋主義)の緊密な関係を端的に示した言葉だ。その意味で、日本の日本人はドイツ人に近いが、日 […]
  • 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯2019年2月9日 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯  チリで行われているサッカーU20南米選手権の最終ラウンド第4節で、ブラジル代表は7日のエクアドル戦に0対0で引き分け、最終ラウンド2分2敗の勝ち点2で最下位となり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出場権獲得が極めて厳しくなった。  同 […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる2019年2月5日 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる  チリで開かれている、サッカーのU20南米選手権で、6カ国による最終ラウンドに進出しているブラジルは、ベネズエラに0対2で敗れ最下位に転落。上位4位までに与えられる、U20W杯(5―6月、ポーランド開催)出場権獲得に黄色信号が灯った。  南米サッカー連盟所属10カ国が […]