ホーム | 編集部ブログ | 「新聞」と言えば「将棋」=ブラジルの将棋大会

「新聞」と言えば「将棋」=ブラジルの将棋大会

 新聞社と将棋の関係をご存知だろうか。日本の将棋界の7大タイトル戦のメインスポンサーは全てが新聞社。当地で1949年から続く「全伯将棋名人戦」を企画したのも本紙の前身である「日伯毎日新聞」。新聞社と将棋は縁が深かいのだ。

 ということで5月25日、ブラジル日本将棋連盟(川合昭会長)主催「第42回王将戦」と6月1日、ジェームス・M・トレドさん主催「第4回子供王将戦」に行ってきた。
 まずは「第42回王将戦」の様子から。

会場の様子

会場の様子

 最盛期には全伯から350人もの参加者が集まったという同大会も現在は参加者が22人にまで減少。後継者不足と高齢化は日系社会における大きな問題だ。

優勝した吉田さん

優勝した吉田さん

 優勝したのは写真中央の吉田国夫さん(75、二世)。「優勝は嬉しいけど参加者の少なさが心細いね」と少し寂しそうだった。
 続いては「子供王将戦」。今大会には9歳から18歳までの24人が参加。

 日系人の子供が多いが約3割は非日系人。チェス名人ジェームスさんのチェス教室に通う子供たちだ。ジェームスさんはサンパウロ将棋普及協会副会長を務めるほどの将棋好き。王将戦でも準優勝した。

チェス名人でもあるジェームスさん。

チェス名人でもあるジェームスさん。

 普及会メンバーが子供たちに詰め将棋を教える横で保護者達が教本を見ながら将棋に挑戦している。

パズルの様に楽しそうに教わる子供達

 表彰式の後には記念撮影。

ブラジルの将棋大会

この中から後継者が出てくることを期待したい。(石)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 杉山重光=ブラジルの日本人ギター職人を訪ねる=50年間の集大成へ向かう2016年5月2日 杉山重光=ブラジルの日本人ギター職人を訪ねる=50年間の集大成へ向かう  「日本人のギター職人がいるんだよ。会ってみれば」。そう唐突に先輩記者に教えられ、興味が涌いてコンタクトを取り、サンパウロ市内の工房までお邪魔した。 事前に名前を日本語で調べても資料はほぼない。ただポルトガル語で調べると山程記事が出てくる。「ヴィオロン・スギヤマ(Violão […]
  • なぜブラジルで本格派演歌歌手が誕生したのか!?2015年11月16日 なぜブラジルで本格派演歌歌手が誕生したのか!?  今回の編集部ブログでは、活躍が期待されるブラジル人演歌歌手を紹介します。  みなさんは、ブラジルに多くの日系人が住んでいることを御存知でしょうか?  ブラジルにはたくさんの日本人移民が来た過去があります。これは単なる移住ではなく、国策としての「殖民」と呼ばれるもの。 […]
  • 愛するコリンチャンスの優勝を見届けに=リオ・デ・ジャネイロ珍道中2015年12月7日 愛するコリンチャンスの優勝を見届けに=リオ・デ・ジャネイロ珍道中  「サンパウロFCのゴール!」「まただ! サンパウロFCのゴール!」――。11月19日夜、ヴァスコ・ダ・ガマ(ヴァスコ)対コリンチャンスの行われたリオのサンジャヌアリオ競技場の記者席では、他会場で2位アトレチコがサンパウロFC相手に敗色濃厚な様子を知らせる叫び声が響いていた。 […]
  • 2015年2月19日 漫画を突破口に、ブラジルでの将棋文化普及はなるか(前編)  日本移民の高齢化が進み、次世代への日本文化継承が急務とされる昨今、ブログ子の愛好する将棋文化もまた消滅の危機に瀕していた。  「囲碁漫画の『ヒカルの碁』が翻訳出版され、囲碁人口が増えたように、将棋漫画が出版されれば将棋人口も増えるのではないだろうか…」と思い […]
  • 2015年3月5日 漫画を突破口にブラジルでの将棋文化普及はなるか(後編)  日系移民の高齢化が進み、次世代への日本文化継承が急務とされる昨今、ブログ子の愛好する将棋文化もまた消滅の危機に瀕していた。  「囲碁漫画の『ヒカルの碁』が翻訳出版され、囲碁人口が増えたように、将棋漫画が出版されれば将棋人口も増えるのではないだろうか…」と思い […]