ホーム | 日系社会ニュース | クリチーバ=着任レセプションを開催=池田総領事夫妻があいさつ

クリチーバ=着任レセプションを開催=池田総領事夫妻があいさつ

池田総領事のあいさつの様子/暁美夫人(右)

池田総領事のあいさつの様子/暁美夫人(右)

 在クリチーバ総領事館は6月9日、公邸で池田敏雄総領事の着任レセプションを開催した。日系社会やパラナ州政府の関係者ら約180人が出席、総領事夫妻が来場客をもてなした。
 池田総領事は「パラナ州に着任し、クリチーバや北パラナの日系社会から受けた温かい歓迎に感謝したい」と伝え、「これから日本とパラナ州、サンタカタリーナ州、リオ・グランデ・ド・スル州の3州の関係強化に力を注いでいきたい」と、抱負を語った。
 あいさつの中で、到着したばかりの暁美総領事夫人(新潟)も来場客に紹介された。パラナ日伯文化連合会の折笠力己知会長によって乾杯が行われ、歓談を交えた夕食会に移った。
 同日はパラナ州盆栽協会のナルシゾ・フォルトゥナト会長(47)も出席。「総領事館と協力して盆栽の展示会やコンクールを開催している」と話していた。
 総領事館が9月に企画する日本文化週間にも参加予定。「趣味で盆栽をたしなむ日系人の愛好家にも、もっと参加してもらいたい」と紹介した。(長村裕佳子通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ