樹海

 今回のW杯で唯一嬉しかった事はアルゼンチンが負けた事―。13日夜の番組でのアナウンサーの発言を聞き、何と小さな器かと悲しくなった▼サッカーにおけるブラジルと亜国のライバル意識の強さは知っていたし、亜国優勝を嫌う人達がドイツを応援と発言したのも聞いていた。ブラジル代表チームがドイツに敗れた後、「マラドーナはペレより偉大」と歌う人々とマラドーナ本人が一緒に居る映像も見たし、亜国対オランダの試合前の新聞には「亜国以外の国ならどこが勝ってもよい」との表現もあった▼だが、米州大陸での大会は常に地元勢が優勝してきたし、亜国は隣国だ。それに欧州勢は10回優勝しているが南米勢の優勝は9回のみだ。亜国を応援していた人々には、最後まで頑張った両チームを褒め称えるべき時に聞いた、昔ながらのライバル意識だけに囚われたアナウンサーの冒頭の発言は悲しい現実だったのではないだろうか▼今大会7試合目となり、疲れや痛みと戦いながら120分間競い合った選手達。メッシが左足に手を伸ばした様子などからは、自国の名誉のために限界と戦いながらプレーする重さが伝わって来る。負傷後もプレーし続けたドイツの選手も然りだ▼完膚なきまでにブラジルを叩いたドイツを打ち負かして欲しくて亜国を応援した人もいる。亜国優勝なら間接的に亜国に負けた事になると考えてドイツを応援した人もいる。ドイツでは選手達が凱旋パレードを行う15日まではお祭り騒ぎが続く筈だが、亜国ではブラジル敗退時と同様、破壊行為や商店襲撃が起きた。似たもの同士のライバル意識が先の発言に繋がったといえばそれまでだが、もっと大きな視点が欲しい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年3月14日 東西南北  11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となっ […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 復興する福島を海外に伝える=移住者子弟の受入研修=(5)=無念の想いから震災を語り次ぐ2020年2月22日 復興する福島を海外に伝える=移住者子弟の受入研修=(5)=無念の想いから震災を語り次ぐ  「あの時、どうしてすぐ逃げなかったんだろうって…。9年経った今も心に残ってるんです」。相馬市伝承鎮魂祈念館で、語り部の五十嵐ひで子さん(72)が、そう後悔の念を口にしたのを聞き、胸が痛くなった。  穏やかで広々とした海が見える場所で、バスが止まった。少し歩くと『相馬市東 […]
  • 東西南北2019年10月29日 東西南北  このところ、南米で新自由主義経済に対する左派集団の逆襲が目立つ。27日の選挙でもそれは明らかだった。アルゼンチンでは大統領に当選したフェルナンデス氏の陣営が手でLの字を作ってルーラ元大統領の釈放を求め、かねてから舌戦を交わしていたボウソナロ大統領を挑発した。また、コロンビアの […]
  • 《ブラジルサッカー》違約金は既に最高96億円?=U17W杯の優勝立役者のブラジルトリオ2019年11月20日 《ブラジルサッカー》違約金は既に最高96億円?=U17W杯の優勝立役者のブラジルトリオ  ブラジルの通算4回目の優勝で幕を閉じたU17W杯。優勝に貢献した3選手、チーム得点王のカイオ・ジョルジ(サントスFC)、準決勝、決勝で決勝ゴールを決めたラザロ(フラメンゴ)、大会MVPガブリエル・ヴェロン(パルメイラス)の3人には、既に最低60億円の違約金が設定されて […]