ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 昨年のリベルタドーレス杯、南米杯の優勝チームが「どちらが真の南米王者か」をかけて戦う「レコパ杯」の第2試合が23日行なわれ、アトレチコ・ミネイロがラヌース(アルゼンチン)を破って優勝した。16日の第1試合を1―0で勝っていたAミネイロだが、第2試合は2―3となり、2試合合計のスコアで同点となり延長戦へ。Aミネイロはこの延長戦で2点を奪い、ラヌースを突き放した。この第2試合では2度の逆転が起き、真夜中まで決定がもつれるなど白熱した。なお、この試合を最後にAミネイロを離れることが有力視されているロナウジーニョに、熱い声援が飛んでいた。
     ◎
 23日午前、マルジナル・ピニェイロスで車を盗難した強盗と軍警の銃撃戦が起き、そのそばを通りかかったバスのコブラドールが流れ弾を腹部に受けて負傷する事件があった。少なくとも5人の強盗たちは午前7時頃に大サンパウロ市圏オザスコで車を盗んだが、約1時間後にショッピング・ヴィラ・ロボス付近で巡回中の軍警に目撃されて逃走中だった。強盗たちは警察が運転手を救助する間に別の車を奪って逃走。ケガをした運転手は病院で緊急手術を受け、一命を取り留めている。
     ◎
 サンパウロ州議会は23日夜、CPTMとサンパウロ市地下鉄に女性車両をもうけることを義務付ける法案を承認した。この法案はジェラルド・アウキミンサンパウロ州知事が承認し次第、採択される見込みだ。サンパウロ市地下鉄などで痴漢増加が伝えられているなかで採られた新対策だが、サンパウロ市地下鉄では男性も痴漢にあっている。その辺りはどうなるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ