ホーム | 日系社会ニュース | USP=日系合格者が過去最低=頂点の90年は18%も=以後減少し今年9・5%に=純血者は今も高学歴志向か
USP合格者の減少傾向を語る宮尾さん
USP合格者の減少傾向を語る宮尾さん

USP=日系合格者が過去最低=頂点の90年は18%も=以後減少し今年9・5%に=純血者は今も高学歴志向か

 サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)の顧問・宮尾進さんの調査によれば、今年度のサンパウロ州立総合大学(USP)の日系人合格者の割合が、過去最低の9・5%となったことが判明した。1978年の同調査開始時は11%で、以後は徐々に上昇し、1990年の18%をピークに減少していた。

 宮尾さんはこの減少傾向に関し、当初は「改正入管法によるデカセギ増加や、ブラジルのハイパーインフレの影響もあって、サンパウロ大学入試業務担当財団(Fuvest)の一次試験で落ちた者の多くが、日本での就労生活を選んだのでは」との予測を立てていた。
 しかし、デカセギブームが過ぎた後も減少傾向は止まらず、今はこの考え方に否定的な見方をしている。むしろ「日系人が良くも悪くもブラジル社会に溶け込んだ結果ではないか」と考えているという。「四、五世と世代を重ねるなかで社会的な地位が安定しつつある。そのためかつて強くあった、社会上昇のために子弟に高学歴を求める意識が薄まっているのでは」と話した。
 日本移民が教育に力を入れたのは、二つの理由があると推測する。一つは「諸外国に比べ日本移民の伯国進出は後進で、社会に出るためのコネもなく、高学歴によって地位を向上確立させる必要があった」というもの。
 二つ目は東洋全体の儒教的影響を挙げた。70年代から中国、韓国系の成績優秀者も少数ながら存在し、「絶対数は少ないが進学率は今も高いまま。やはり儒教の影響が強いのでは」との印象を語っている。
 そんな高学歴志向もあって、「70年代から学力優秀な日系人が頭角を現した。予備校や学習塾の新聞広告に掲載された成績上位者の顔写真には、日系人がズラリと並んだ。その理由を尋ねて、ブラジルのメディアもここに来た」と当時を振り返る。
 一昨年からは純血・混血にも注目し、「名前を見た限りだが7対3で純血が多いようだ。昔は日系人を一まとめに数えていたが、この区別によって純血家庭では未だに高学歴志向が強く残っていると思われる」と語り、家庭の混血化による変化にも触れた。
 減少傾向にあるとはいえ、聖州人口約4千万人の内、日系人が概ね100万人(2・5%)を占めているとすると9・5%でも十分に高い数字だ。今後に関して宮尾さんは「減少傾向は今後も続くはず。将来的には3%など人口比率と同様の割合まで落ちることになるのだろう。その時には『ブラジル社会に完全に溶け込んだ』と言えるのでは」と見通しを語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 罷免問題、コロニアの声を聞く=「起こるべくして起きた」=ペトロロンは氷山の一角2016年4月16日 罷免問題、コロニアの声を聞く=「起こるべくして起きた」=ペトロロンは氷山の一角  日曜日午後、大統領罷免請求の審議継続の是非を問う下院議員の投票が行われ、そこで罷免賛成票が342票を上回れば、翌週からテーメル新政権が暫定的に発足する可能性がある。1992年以来の大きな政治的な節目に当たり、ブラジルの政情を憂うコロニアの声を拾ってみた。 中野晃治さん(80、 […]
  • 10年で検挙人員3分の1に=減少を続ける在日伯人犯罪=15年の警察庁統計で2016年5月13日 10年で検挙人員3分の1に=減少を続ける在日伯人犯罪=15年の警察庁統計で  08年の金融危機以降、伯国籍者は大幅に減少し、15年現在で約17万3千人になった。それに同調して、犯罪件数も減少の一途にある。警察庁が今年3月に発表した2015年の「来日外国人犯罪の検挙状況」によれば、検挙人員に関して、最近10年間で最も多かった06年の3分の1まで大幅に減少 […]
  • 日本語センターが30周年=功労賞として68人表彰=JICA、交流基金に感謝2015年11月28日 日本語センターが30周年=功労賞として68人表彰=JICA、交流基金に感謝  ブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)が創立30周年を迎え、10月24日に聖市内の伯米文化連合会館で記念式典を行なった。1985年に旧日本語普及センターが設立され、13年に現在の名称となり、日本語教師の養成機関として貢献している。会員数は約500人、日本語学校は全伯で約35 […]
  • 志高く6カ国18人集い=汎米日本語教師研修会2016年1月15日 志高く6カ国18人集い=汎米日本語教師研修会  ブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)が主催する「汎米日本語教師合同研修会」が18日から開始された。今年は伯国、亜国、ペルー、ボリビア、パラグアイ、チリの6カ国から18人の教師が集まり、2週間の濃密な研修を行っている。初日には来賓が集まる中、開校式が催された。 板垣理事長は […]