ホーム | コラム | オーリャ! | オーリャ!

オーリャ!

 「僕はブラジル人だからどう批評しても許される」。痛烈な辛口でおなじみのサッカー評論家・セルジオ越後さんが、自分の立ち位置をそう説明した。比較的自由な発言が許されている理由を、彼がそう類推するのを聞いてどこか納得した。
 でも、それは日本人同士では許されないという〃閉鎖精神〃の裏返してであり、本来は日本のメディア全体にもっと自由な意見が許される雰囲気があるべきではとも思い、少々考え込んだ。
 日本では、彼の批判を理論不足と受け止める者も多い。TVだと放映時間が限られており、端的に結論だけ伝わればそう映るのだろう。ただ実際に数十分も対峙すると、そうも言えなかった。
 日本サッカー界はこれまで幾人もの帰化伯人によって支えられてきた。今回は初の帰化選手0のW杯となったが、ピッチ外での伯人の助っ人はまだまだ必要ではないか。(祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 愛憎半ばする感情2016年6月29日 愛憎半ばする感情  アメリカ開催のサッカーコパ・アメリカ決勝でアルゼンチンのメッシがPKを失敗し、チリに敗れた。14年W杯、15年コパ・アメリカに続き、3年連続決勝で敗れた失意から、彼は〃この世の終わり〃のようなうなだれ方をしていた。 アルゼンチンに敵愾心を燃やすブラジル人も大喜びかと思いきや、 […]
  • 男子サッカーにもスポーツマン精神を!2015年7月8日 男子サッカーにもスポーツマン精神を!  サッカー女子W杯連覇を目指したなでしこジャパンは、決勝戦で米国に5―2で敗れ準優勝に終わった。早々に4点失ったが、諦めることなく2点を返し、前回女王の矜持を見せた。 同時期のコパ・アメリカのチリ初優勝は称えるべきだが、大会中に飲酒運転で事故を起こした主力選手を処分せず、対 […]
  • ペルー版「神の手」? いやいや、ただの手2016年6月22日 ペルー版「神の手」? いやいや、ただの手  サッカーブラジル代表は、12日のペルー戦でハンド(手)のゴールを決められ、審判は気づかず有効となった。その結果、コッパ・アメリカで八強にも残れないという大屈辱を味わった。 ブラジルサッカー協会の動きは速かった。ドゥンガ監督を解任し、国内屈指の名将チッチに新監督就任を要請。敗退 […]
  • オーリャ!2014年5月27日 オーリャ!  作家エウクリーデス・ダ・クーニャが北東伯のカヌードスの乱を描いた著書『オス・セルトンイス(奥地)』(1902年)を指し、コラム子が通う大学の教授は「これが本当のブラジル。地方の現実はこの時代と大きく変わっていない」と指摘した。「本当のブラジルはサンパウロやリオではなく、地 […]
  • オーリャ!2014年7月4日 オーリャ!  サッカーW杯に臨んだ日本代表は、虚しくもC組最下位で敗退となった。戦術の不明さ、監督の采配、体調不良、精神面の弱さなどが敗因に挙げられている。 ネット上で話題となっているのは運動量。グループリーグ3試合で、なんとC組最多のチーム走行距離(105・8キロ)だったという。体力 […]