ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 安倍晋三首相の中南米訪問が始まった。日本時間の27日にメキシコを、翌日トリニダード・トバゴを訪れた。メキシコでは日墨協会の幹部らと懇談し、「両国関係の最も大切な懸け橋であり続けることを期待する」と述べたとか(時事通信)。そこで何らかの具体的議論があったかは不明だが、「大事な架け橋だ」で終わってしまうのはもったいない。伯国訪問まで後2日。首相の心を揺さぶる熱いアピールで、コロニアにとっても実りある訪問になることを期待したい。
     ◎
 佐賀県人会館で行われた秀島敏行佐賀市長との交流会では、同県移住者の動向や歴史について説明が行われた。その後、井上清同県人会顧問は佐賀を拠点とするサッカーチーム・サガン鳥栖の話題で秀島市長と意気投合し、「日本代表にサガン鳥栖の豊田を選ばないのは、ふーけもん(馬鹿者)だ」と方言も飛び出し、会場の笑いを誘った。そこから「じゃからしか」(やかましい)などと方言の言い合いが始まり、一気に場の雰囲気が和やかに。やっぱり同県人との会話は方言に限る?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年8月4日 大耳小耳  非日系人の来場客が過半数を超え、『サンパウロの祭り』と認識され始めた県連日本祭り。県連代表者会議では、宮城県人会の中沢宏一会長から「NHKニュースで『ある伯国の日系団体が主催した』と報道された。非常に残念」と悲しむ発言があった。本橋元会長からは「日本では自民党の支部を『県連』 […]
  • 大耳小耳2017年8月26日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長、兵庫県神戸市)の会報『ブラジル』976号(12頁)が7月末に刊行された。木村元総領事の「クリチバ雑感」によれば《クリチバ市民は非常に保守的で、企業が新商品を売り出すときには、まずクリチバで試すそうです。ここで売れれば、ブラジル全土でまず間違いなし》と […]
  • 大耳小耳2014年7月24日 大耳小耳  バストス卵祭りの名物オムレツは、ハムとチーズを挟んだだけの素朴な味だが、久しぶりに食べたせいか、やけに美味かった。思えば、茶碗蒸しから温泉卵、卵黄の味噌漬けなど日本の卵料理は随分と種類が豊富だ。一人当たりの卵消費量も日本は329個と多く、メキシコに次いで2位と卵好きの民族 […]
  • 大耳小耳2015年1月8日 大耳小耳  熱狂的なサポーターで有名な伯国のサッカーチーム・コリンチャンスが大阪府貝塚市にアカデミーを設立する構想を進めていると読売新聞が報じた。伯国、米国に続きアジア地域にもアカデミーを開設しようとしていた同チームと病院や学校などの跡地約37ヘクタールの利用者を探していた同市の思惑 […]
  • 大耳小耳2014年7月4日 大耳小耳  日本祭りの準備で聞こえてくるのは、金曜のサッカーW杯への不安。準々決勝が行なわれ、午後5時からはブラジル代表も試合を行なう。「昨年よりも金曜の販売量を減らしたわ」といった弱気な構えもあったが、その時間帯にどれだけの来場があるか。日本祭りの会場で試合観戦しようという判断もあ […]