ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年8月30日付け

 先日宮城県人会会館で記念講演をした百一歳の曻地三郎さん。以前、慶応大学で曻地さんの脳と目の年齢を測定したら、共に三十歳代の結果だったとか。百歳を越えても角膜移植の提供者になれると証明されたほどというから驚き。 
     ◎ 
 二十八日にクリチーバで行なわれた州政府の百周年協力を謳った調印式には、パラナ日系社会の代表約百人が顔を揃えた。午後に行なわれた会見後、「北パラナから来た人は手を挙げてください」との西森ルイス州議の呼びかけに、ほぼ八割が応えた。同州百周年を牽引する北パラナ。リーガ会長を務める西森氏を支える層の厚さを感じつつ、リーダー不在のサンパウロへの帰路に着いた。
     ◎
 サウーデ文協発足当時の一九五〇年代は、同地区内に日系家族は僅か百家族しかいなかったという。それが、同文協ができたことにより人口が集中したのかどうかは不明だが、発足後の六〇年代には一気に三千家族へ飛躍的に人口が増加。今も同地域はサンパウロ市有数の日系人集住地区となっている。同文協では来年の百周年を機に区内の日系人口調査を行う案も出ているようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 提言 こうすれば活性化する?!=県人会について考えたこと=日本ブラジル中央協会常務理事 桜井悌司(2018年5月9日記)=《終わり》2018年6月13日 提言 こうすれば活性化する?!=県人会について考えたこと=日本ブラジル中央協会常務理事 桜井悌司(2018年5月9日記)=《終わり》 「県の駐在員を置くこと」  県人会を「母県の出先機関」と位置付けることを提案しておられるコロニアの方もおられる。このアイデアは、コストもそれほどかからず現実的で実現可能である。  なぜなら、①ブラジルには県などの補助金を得て県人会館を設置している県が30県以上あ […]
  • 「最高の日伯文化交流に」=伯日本民謡協会50周年式典=益々の発展と次世代への継承を=100歳右田さん敬寿章授章2017年7月24日 「最高の日伯文化交流に」=伯日本民謡協会50周年式典=益々の発展と次世代への継承を=100歳右田さん敬寿章授章  ブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)の創立50周年記念式典が、16日午前11時からブラジル日本文化福祉協会大講堂で開催された。同協会は1968年に民謡指導者らによって発足し、半世紀に渡って協会の発展、後継者の育成、大会の開催に努めてきた。日本民謡協会からの慶祝使節団(金 […]
  • 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース2015年12月30日 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース  サンパウロ市カーニバルで巨大立佞武多が華々しく行進したかと思いきや、なんと焼失――。秋篠宮さまご夫妻が恭しくご来伯されたかと思いきや、ジウマ大統領が訪日ドタキャン…。日伯が正式な外交関係を結んでから120年という節目は、思いのほか波乱含みの出来事が起きた。その他、パラナ州やコ […]
  • オーリャ!2015年8月6日 オーリャ!  8月に入り、休暇を実家で過ごしていた大学生たちがサンパウロに戻り、オーリャ子の下宿先の県人会館も数週間ぶりに賑やかになった。 マリンガやクリチーバなど、サンパウロ市から遠く離れた故郷で家族とゆっくり過ごしたとか。聞けば休暇では毎回帰省するそうで、顔色を見れば幸せ具合が良く […]
  • 大耳小耳2015年6月12日 大耳小耳  5日付け佐賀新聞に、ブラジルとペルーの県人会記念式典に参加する、一般慶祝団員の募集記事が掲載された。当地は創立60周年(8月2日・サンパウロ市)、ペルーは35周年(5日・リマ)で式典を行なうのだが、両国での観光も含まれたAコースと、ブラジルのみ訪れ、親族訪問ができるBコー […]