ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 蜂鳥誌友会(編集兼発行人=富重久子)による俳誌『蜂鳥』343号が刊行された。《天空の都の跡や霧襖》(馬場園かね)はペルーのマチュピチュ遺跡を訪ねたときの旅吟。《行く秋やゴヤス街道トラックスト》(田中勝子)はブラジリア在住。意外なものを詠み込んだ作品。この大ショックによって不況のどん底の底に、また大穴があいたデキゴト。《凛と咲く微笑の眞子さま寒桜》(篠崎路子)も110周年らしいめでたい句。その式典会場となった県連日本祭りには、西日本豪雨の寄付を募るコーナーがあった。《置かれたる義援金箱冬ぬくし》(鈴木文子)はそれを詠んだものか。《七夕や葉の数しのぐ願い事》(山岡秋雄)には、まったく同感。笹の葉より多く、ぎっしりとポ語の願い札が吊り下げられ、竹が重そうな様子が目に浮かぶ。大不況のブラジルゆえに、願い事も多い?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年5月11日 大耳小耳  第442部隊は「テキサス大隊の救出」で救出した直後、当然のことテキサス大隊は抱き合って喜んだ。だが同大隊のバーンズ少佐が軽い気持ちで「ジャップ部隊なのか」と言ったため、第442部隊の少尉が「俺たちはアメリカ陸軍442部隊だ。言い直せ!」と激怒して掴みかかり、少佐は謝罪して敬礼 […]
  • 大耳小耳2019年5月10日 大耳小耳  昨年12月に放送されたNHKスペシャル『女7人おひとりさま/みんなで一緒に暮らしたら』では、阪神間のとある住宅街に建つ小さなマンションに、高齢女性の“おひとりさま”7人が集まって仲良く住む実験の様子を放送していた。本紙1面に広告が出ている「すいせんマンション」のプランは、うま […]
  • 大耳小耳2019年5月9日 大耳小耳  ジャパン・ハウス(Avenida Paulista, […]
  • 大耳小耳2019年5月8日 大耳小耳  現在国内外の漫画やコミックに関する展示会が26日まで、聖市の「映像と音の博物館」(MIS、Av. Europa, 158 - Jardim […]