ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 蜂鳥誌友会(編集兼発行人=富重久子)による俳誌『蜂鳥』343号が刊行された。《天空の都の跡や霧襖》(馬場園かね)はペルーのマチュピチュ遺跡を訪ねたときの旅吟。《行く秋やゴヤス街道トラックスト》(田中勝子)はブラジリア在住。意外なものを詠み込んだ作品。この大ショックによって不況のどん底の底に、また大穴があいたデキゴト。《凛と咲く微笑の眞子さま寒桜》(篠崎路子)も110周年らしいめでたい句。その式典会場となった県連日本祭りには、西日本豪雨の寄付を募るコーナーがあった。《置かれたる義援金箱冬ぬくし》(鈴木文子)はそれを詠んだものか。《七夕や葉の数しのぐ願い事》(山岡秋雄)には、まったく同感。笹の葉より多く、ぎっしりとポ語の願い札が吊り下げられ、竹が重そうな様子が目に浮かぶ。大不況のブラジルゆえに、願い事も多い?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2018年11月1日 大耳小耳  在聖総領事館の安全情報メールによれば、26日(金)正午ごろ、邦人が乗車する車輌が強盗被害に遭う事件が発生した。場所は、リベルダーデ区の下町グリセーリョ街498番の交差点付近。ラジアル・レステ街道の下の交差点で、信号待ち停車していたところ、強盗一人が路肩から現れ、鈍器のような物 […]
  • 大耳小耳2018年10月20日 大耳小耳  正派ブラジル筝の会・生田流正派は昨年、8人の会員で日本の国立劇場で行なわれた唯是震一三回忌追善演奏会に出席し、「酒歌」の演奏に参加したとか。伯国からの参加に、日本の家元も喜んでいたそうだ。「酒歌」は本演奏会でも発表される。また、北原会長が教えた名取3人の生徒は本演奏会初参加だ […]
  • 大耳小耳2018年10月27日 大耳小耳  熟年クラブ連合会が発行する『ブラジル老荘の友』は、タブロイド版4ページだが中身が濃い。炭坑節の替え歌《うちの娘は よその嫁 ヨイヨイ/よその娘がうちの嫁 三千世界を歩いても/死に水とるのはうちの嫁 サノヨイヨイ》も傑作だが、チャチャチャ・バンブーの歌(「おもちゃのチャチャチャ […]
  • 大耳小耳2018年10月16日 大耳小耳  ジャパンハウス(Av. Paulista, […]
  • 大耳小耳2018年10月17日 大耳小耳  頭の中が日本式の〃常識〃でいっぱいの駐在員が、ブラジルの考え方や習慣に慣れることは、ビジネス成功には欠かせない。日本にも「郷に入っては郷に従え」という諺があるが、先進国たる日本の〃常識〃が優先されるのは、よくあること。お客様がブラジル人である以上に、社内の日系人やブラジル人社 […]