ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 国際交流基金が、2018年カレンダー作成にあたり応募していた絵画コンテストの結果が、このほど発表された。ブラジルの小中高等学校で、日本語を学ぶ生徒を対象に、17年前から行ってきた同コンクール。18年カレンダーは「ブラジル日本移民110周年 共に!」をテーマに行われ、全伯43校から応募が集った。今回、見事優秀賞に輝いたのが、『珈琲の花』を描いたサンジョゼ・ドス・カンポス市のルイス・エンリケ・アギアール・デ・ソウザさん(16)。ソウザさんの作品のほか、最終選考に残った11作品が月毎に掲載されている。笠戸丸や奥地開拓など移民初期を題材としたものや、日伯友好を描いたものなど様々だ。来年の移民110周年式典に向けて何か企画を考え、このようなコンクールをいろいろ催したら面白いかも?!
      ◎
 「ラーメン・ボーイ」のあだ名を持つというブラジル人男性、マルク・ヴェーンさんが聖市内のイベント会場「アルマゼン・ダ・シダーデ」(Rua Medeiros de Albuquerque, 270, Vila Madalena)で、ラーメンを食べるイベント「Lamen na Vila!」を開催する。日時は16日午前11時~午後8時。ベジタリアン向けメニューもあるそう。ヴェーンさんはラーメンの作り方を学ぶため訪日。東京都でラーメンの食べ歩きのほか、実際に厨房に入れてもらい、作り方の指導を受けたこともあるとか。興味のある人は食べに出かけてみては?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル福島県人会創立100周年=記念式典に知事ら18人来伯=「皆さんは福島県人の誇り」2017年10月28日 ブラジル福島県人会創立100周年=記念式典に知事ら18人来伯=「皆さんは福島県人の誇り」  創立から100年を迎えたブラジル福島県人会(永山八郎会長)が22日、聖市の北海道協会会館で『ブラジル福島県人会創立100周年記念式典』を開催した。日本から来伯した内堀雅雄知事や杉山純一県議会議長ら18人の慶祝団をはじめ、来賓や県人ら約300人が祝いのために駆けつけた。 […]
  • 大耳小耳2018年2月23日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長、兵庫県神戸市)が会報『ブラジル』978号を1月に発行した。日本側の「日本人ブラジル移住110周年記念式典」が、4月28日(笠戸丸が出港した日)に神戸市で行なわれる予定だという。これを記念して、パラナ州ロンドリーナ市の日本移民カメラマン・大原治雄の写真 […]
  • 大耳小耳2018年1月23日 大耳小耳  09年2月に劇団笠戸丸として伯国4都市で公演を成功させた熊本県を拠点に活動する「劇団夢桟敷」。今度は、プロミッソン入植百周年とブラジル熊本県人会60周年を迎えるにあたって、10月に来伯公演することになった。今回の題目は『万華鏡~百年物語 肥後もっこす海を渡る2018』。一昨年 […]
  • 移民110周年記念して顕彰=笠戸丸表彰を110個人・団体へ=日系社会発展への貢献称える2018年8月9日 移民110周年記念して顕彰=笠戸丸表彰を110個人・団体へ=日系社会発展への貢献称える  ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(呉屋春美祭典委員長)は「笠戸丸表彰」の表彰式を、24日午後2時から文協大講堂で開催する。節目の年を記念して、日系社会の発展や日伯両国の関係強化において顕著な貢献をした110の個人と団体を称える。  全伯から187の推薦を受け […]
  • ■今週末の催し2018年8月2日 ■今週末の催し  4日(土曜日)  青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)      ◎  サンパウロ倫理法人会モーニンセミナー、午前8時半ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425, […]